生乳が足りないなら輸入制限でなく脱脂粉乳を給食に出そう

日本農業新聞の「生乳用途で過不足 国はバター輸入削減を」をピックアップ。 社説のタイトル見ただけで、そりゃ違うだろうと思いましたね。  生乳全体の約6割を占める北海道から大都市圏への大量の生乳移出が欠かせない。需給見通しでは、7~10月まで月平均で6万3000トン近い移出が必要と試算した。特に逼迫がピークとなる9月には6万5000トンと輸送能力の限界近い供給が迫られる。・・・・ 在庫拡大を放置すれば、乳製品地帯の北海道をはじめ国内の生乳生産にも悪影響を及ぼしかねない。脱脂粉乳の過剰に加え、バター在庫が積み上がってきたことが大きな課題だ。・・・・ 全体の8割近い業務用の在庫拡大…

続きを読む

日本共産党は中国共産党に制裁する気はあるのか?

しんぶん赤旗の「香港市民の逮捕 国際社会が暴挙を許さぬ声を」をピックアップ。 香港で国家安全維持法違反を理由に逮捕者が出ていることで社説を出しています。  中国が行っている人権侵害は「社会主義」とは無縁な専制支配そのものです。社会主義・共産主義は自由と人権、民主主義を豊かに発展させるものです。主権者としての国民の権利や民主主義を刑罰で奪う中国共産党は共産党の名に値しません。ほう。そんなこと言っちゃって良いんだ。 じゃあどうするの?国際社会が抗議の声をさらに高める必要があります結局、社説に書いて抗議したふりをして終わりですな。 新聞社説要約朝日新聞「黒い雨」控訴…

続きを読む

戦後のドイツと日本をどうしても比較したい東京新聞

東京新聞の『<戦後75年>ドイツの終戦 「解放の日」へ決意込め』をピックアップ。 東京新聞は韓国と同じく、ドイツを上げることで、相対的に日本を下げたいようです。 社説でいろいろしょうもないことを書いていますが、一カ所だけ引用します。  「解放の日」にまず言及したのは西ドイツのワイツゼッカー大統領でした。三十五年前、終戦四十周年の演説で「一九四五年五月八日」を「ドイツ史の誤った流れの終点」と位置付け、ナチスからの「解放の日」であると強調しました。演説は世界的な反響を呼び、歴史に向き合うドイツの姿勢を強く印象付けました。アホかって感じですね。 ナチが悪い、ドイツ人もナチの被害者だ…

続きを読む

風俗法での新型コロナ調査は越権行為?じゃあどうするの?

河北新報の「夜の街立ち入り調査/風営法の適用は越権行為だ」をピックアップ。 風俗法で夜の店に新型コロナウイルスの立ち入り調査するのは越権行為だと河北新報は言っています。 確かに、 ・「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」 ・「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行令」 ・「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例(東京都)」 を見ても積極的に支持できることは書いてありませんね。 じゃあどうすれば良いか?河北新報は次のように言っています。 本来なら食品衛生法や建築物の衛生関連法に基づく保健所による立ち入りが妥当な調査手法だ。ふむ。…

続きを読む

核兵器禁止条約にご執心の朝日新聞

朝日新聞の「被爆国の首相 核禁条約に参画せよ」をピックアップ。 タイトルだけで言いたいことがわかってしまいますね。 それだと終わってしまうので、別の視点で社説を見ていきます。 社説の中で核兵器禁止条約に賛同する人達をリストアップしましょう。 長崎の田上富久市市長 国連の中満泉・事務次長 立憲民主党の枝野幸男代表 この人達に国を任せられないということですね。 社説の最後を引用します。 核兵器は「必要悪」ではなく「絶対悪」だ。核禁条約が体現するこの考えを追求する責務が、日本にはある。「核の傘=核禁条約に不参加」という思考停止に陥ってはならない。発行もしていない…

続きを読む

臨時国会開いて何するの?えっ!PCR検査拡充?

しんぶん赤旗の「コロナ感染急拡大 臨時国会の召集を一刻も早く」をピックアップ。 日本共産党の機関紙である、しんぶん赤旗で国会開いて何をするつもりか読んでみました。 国民に協力を求めるばかりで、自ら抜本対策を講じないことは大問題です。ほう。日本共産党には抜本的対策というのがあると言うのですね。 何なのでしょうか?期待大です。 いま急がれるのは、PCR検査を大規模に実施し、無症状の陽性者を見つけ保護することです。は?未だにPCR検査を増やせと。 いや~、素晴らしい抜本的対策であること。 「医療現場のスタッフも疲弊しており」と書いてあるが、より疲弊させることを言っている矛盾…

続きを読む

北朝鮮のダム放流攻撃に無防備な韓国

ハンギョレ新聞の『集中豪雨被害を機に、南北の「人道的協力」を再開すべき』をピックアップ。 北朝鮮・韓国でも集中豪雨が起きているようです。 2009年に北朝鮮側が黄江ダムの無断放流をして下流の韓国で死者が出たそうで、 それを再発させないように北朝鮮側に求めているそうだ。 これらに関してのハンギョレ新聞の答えは以下です。 統一部が6日、世界食糧計画(WFP)を通じて1000万ドル規模の対北朝鮮人道支援を方針を明らかにしたことを受け、一部では「北朝鮮への屈従」という非難の声もあがった。偏狭で硬直した考えだ。人道支援や災害情報の共有といった懸案から南北関係を再開する必要がある。言いた…

続きを読む

客観的理由をもとに食品添加物を避けていますか?

「食品添加物はなぜ嫌われるのか」を読みました。 これは、良いよ本と言えるでしょう。おすすめです。 読んでいて矛盾を感じるところは特にありませんでした。 唯一指摘するとしたら、タイトルの「食品添加物はなぜ嫌われるのか」に対する明確な答えが書かれてないことでしょうか。 本の副題にある「リテラシー」が無いのが答えなんでしょうけど。 個人的には、「リテラシー」よりも「論理的思考」が出来ないことが原因だと思いますけどね。 鈴木宣弘東京大学教授 読んでいると、みんな大好き「鈴木宣弘東京大学教授」の記事に指摘しています。 指摘した記事はここにあります。 ※畝山さんのこの本の素晴らしい…

続きを読む

敵基地攻撃能力の獲得は首相のため by 新潟日報

新潟日報の「敵基地攻撃能力 首相のため議論急ぐのか」をピックアップ。 久々の新潟日報です。タイトルに釣られました。  政権は新型コロナウイルスを巡る対応で迷走を続け、苦境にある。こうした状況で成果を上げたい首相が、党内議論を急がせたとされる。  北朝鮮拉致問題や北方領土問題に進展が見えず、党内では首相が得意の安全保障政策でレガシー(政治的遺産)づくりを狙っているとの見方も出ている。  まるで「首相のため」に、敵基地攻撃能力の保有を巡る議論が進められているようだ。事実なら、国民不在も甚だしい。 えらい、伝文調ですな。どこの誰がそう言っているのでしょうね。 新潟日報自身?何を…

続きを読む