JR北海道・四国は規模が小さすぎるのが問題だ

読売新聞の「地方の鉄道網 インフラ守る現実策を探れ」をピックアップ。 JR北海道と四国が苦しいという内容です。 赤字路線を維持する選択肢は狭まってきた。各社が自治体と連携を強め、方策を再検討する時期に来ている。自治体がどうのこうのという問題ではない。 JR各社の事業区域人口・人口密度を表にしてみました。 会社事業区域人口(万人)人口密度(人/km2)JR北海道52567JR東日本5726440JR東海 1496510JR西日本 3077428JR四国372198JR九州1280303誰がこの分割方法を考えたか知らないが、少なくとも北海道と四国は単独で事業を展開できないことは明…

続きを読む

尖閣諸島で中国が漁船追い回した件で何も言わない沖縄の2紙

5月に入ってから中国の船が尖閣諸島周辺の日本の漁船を追い回すという行為をしています。 それに対して尖閣諸島が属する沖縄県の沖縄タイムス・琉球新報は今年に入って1回も社説で何も触れていません。 そして、日本共産党の機関誌たるしんぶん赤旗もしかり。 5月になってから尖閣諸島に触れた新聞と回数は以下の通りです。 2回:産経新聞、山陽新聞、世界日報、日本経済新聞 1回:朝日新聞、北海道新聞、西日本新聞 日本経済新聞 中国はコロナ下の挑発やめよ 日本と領有権を巡り対立する尖閣諸島周辺でも挑発行為を続ける。8日には中国公船が魚釣島沖に侵入し、日本漁船を追尾した。日本は米国やASE…

続きを読む

「ざんねんないきもの事典」という本が小学生に流行っているのですね

福井新聞の「こどもの本総選挙 読書への意欲育成に効果」をピックアップ。 はじめて聞いたが「ざんねんないきもの事典」という本が流行っているらしい。 「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」で1位だそうです。 発売元を見ると、絵本みたいな感じですね。「事典」が漢字で「残念」「生き物」が平仮名ですね。逆のような気はするが。 小学生低学年向けかな? 子どもたちの活字離れ、本離れが言われるが、この総選挙の様子を見ると、「本好き」の顔を数多くのぞかせてくれて心強い。日ごろはあまり読まないジャンルの本にもどんどん手を伸ばしていってほしい。どうだろうね。ランキング見ると、絵本・漫画チックな…

続きを読む

子供を偽科学から守るには論理的思考を身に付けるべし

子どもを守るために知っておきたいことを読みました。 読んで驚いたが、世の中こんなにまで偽科学が出回っているのですね。 ホメオパシーをすすめられました。(内科医 NATOM) ホメオパシーというものがあるそうです。 はじめて聞いたのですが、日本ホメオパシー医学会のサイトにいろいろ書いてあるのでそちらをどうぞ。 要は偽医療です。この本には書いてありませんでしたが、プラシーボ効果です。 飴玉を効果のある薬だと渡されて服用したら病気が治ったっていうのと同じ。 先の日本ホメオパシー医学会のページに認定医・専門医リストというものがありました。 素人でも偽医療だとわかるものを医者が…

続きを読む

核燃料サイクルについて全くの誤りを書く東京新聞

東京新聞の「核燃再処理工場 もはや合理性がない」をピックアップ。 種苗法改正についても、間違いだらけだったが、この社説もひどい。 妄想だけで書いているのだろうか。 ただし規制委は、津波や地震などへの備えが、国の基準に沿うかどうかをみるが、安全のお墨付きではない。核燃料サイクルの合理性を判断する場でもない。 アホですね。安全とは、絶対に事故を起こさないという話では無い。 例えば自動車は安全基準を満たしていても事故は起きる。 安全という言葉を東京新聞は語る資格が無い。  たとえ再処理工場が完成しても、燃料の使い道がなければリサイクルは成り立たない。通常の原発で使える量はご…

続きを読む

平成30年の日本共産党政治資金収支報告書を見てみた③

第3回は、中央本部と各支部の関係を見ていきます。 大きなところだと面倒なので、日本最小人口の鳥取県を例に見てみます。 以下のような組構成となっています。       日本共産党中央委員会           │         鳥取県委員会     ┌─────┴─────┐ 東・中部地区委員会     西部地区委員会 鳥取県委員会を基準に見てみます。原本は、鳥取県選挙管理委員会参照。 ■収入 党費5,064,755寄附12,614,918中央委員会36,222,919東・中部地区委員会1,449,904西部地区委員会1,884,007その他627,650 ■支出 …

続きを読む

思いの外まともだった原発本。しかし「教科書」と呼ぶに全く当たらない。

原発の教科書を読みました。 編者である津田大介氏というネームバリューから読んでみた次第です。 思っていたものよりはずっとまともでしたね。 著書ではなく、編者だからですかね? 最初の漫画が一番ダメですかね。 「普通は・・・」とか言っているが、何を基準に普通と言っているのか首をかしげるばかり。 個別に目にとまったものを書いていきます。 河合 弘之(弁護士)司法が原発事故を防ぐ抑止力になれなかったことを真摯に反省し、原発の安全性について正面から判断する裁判官が複数出てきた。と書いています。 日本国憲法には次のように書かれてます。 第七十六条 3 すべて裁判官は、…

続きを読む

「学生の支援金 留学生も対等の条件で」という朝日新聞

朝日新聞の「学生の支援金 留学生も対等の条件で」をピックアップ。 コロナ禍の影響で生活に困る学生を支援するため、国が設けた緊急給付金の制度に疑問がある。留学生にだけ「成績優秀」の要件を一律につけたことだ。・・・外国人への不利益な取り扱いとみられても仕方がない。ただちに撤回するべきだ。アホですね。朝日新聞。 優秀でない留学生に支給するなら、日本人への支給額を増やしますわ。 遊びに来ているような留学生に支給したければ、朝日新聞が基金でも作ってやればよろしい。 そもそも、遊びほうけている日本人学生に支給すべきではない。  奨学金の制度に詳しい桜美林大学の小林雅之教授が提案するのは…

続きを読む

憲法に関するおかしな主張(しんぶん赤旗)

憲法に関して最近よく話題に上がるので、各紙のおかしな主張を社説から拾ってみました。 第6回はしんぶん赤旗です。なお、憲法全文はこちら参照。 ちなみに、日本共産党は自衛隊が違法という立場なので、それに関することは取り上げていません。 立場が一貫していてそれ自体の矛盾は無いため(同意は出来ないが)。 検察庁法改定案与党は国民の怒りの声を聞け検察庁法改定案は、自民・公明の与党が野党の反対を無視し、8日の衆院内閣委員会で審議入りを強行しました。安倍政権は、同改定案が憲法の基本原則である三権分立に関わる重要法案であるにもかかわらず、国家公務員法(国公法)等改定案の中に含めて一つの法案と…

続きを読む

香港に対する中国の物言い、話にならない

人民報の「ダブルスタンダードによる国際正義への挑戦は決して許されない」をピックアップ。 全般的にお話にならない内容だが自国の領土で、国家分裂を図るなど国家安全を脅かすような活動を許す国はない。というのが面白い。 残念ながらあるんですよね。その国は日本。 香港の50年間一国二制度維持は中英連合声明で決められています。 『データベース「世界と日本」』に中英連合声明の日本語訳があるのでリンクしておきます。 そこから引用します。 二、連合王国政府は、連合王国政府が一九九七年七月一日に、香港を中華人民共和国に返還することを声明する。 三、中華人民共和国政府は、中華人民共和…

続きを読む