土 地球最後のナゾ「藤井 一至」(光文社新書)

土と岩の違いは、有機物を含むかどうかと思っていたがそうではないんだそうです。
岩が一度水に溶けて再結晶化してできた粘土が無いと土とは言わないだって。
だから、金星や月には水が無い・無かったから土は無いという。

岩石の種類は腐るほど(石は腐らないが)あるが、土は12種類なんだって。バリエーションすくねぇ。
泥炭土、ポドゾル、チェルノーゼム、粘土集積土壌、永久凍土、若手土壌、黒ぼく土、強風化赤黄色土、ひび割れ粘土質土壌、オキシソル、砂漠土、未熟土
の12個。
東日本は火山灰のために黒ぼく土、西日本は若手土壌の2つに大きく分類されるそうです。

雨が多いと土壌は酸性になり農業には向かない=そのままでは日本は農業に向かない
雨が多い→酸性雨で酸性になる という論理ではなく、水が多いので葉っぱなどの腐食が進みそれに伴い有機酸が作られて酸性になるらしい。
農地に適しているチェルノーゼムは雨が少ないので、腐食が進まず中性であると。
石灰をまけば中性になるので、日本も農業にOKだということです。


土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて
藤井 一至
光文社
2018/8/17

この記事へのコメント