河川法 第一章/第五条(二級河川)

(二級河川)
第五条 この法律において「二級河川」とは、前条第一項の政令で指定された水系以外の水系で公共の利害に重要な関係があるものに係る河川で都道府県知事が指定したものをいう。

ということは、一級河川の水系には二級河川を指定できないのね。
ということは、内陸県である、栃木・群馬・埼玉・山梨・長野・岐阜・滋賀・奈良には二級河川が無い可能性が高いってことでな。
栃木県/とちぎの河川 を見ると、「なお、栃木県内の河川は全て一級水系に属することから、県内に二級河川は存在しません。」となっている。

2 都府県知事は、前項の規定により河川を指定しようとする場合において、当該河川が他の都府県との境界に係るものであるときは、当該他の都府県知事に協議しなければならない。

東京都と神奈川県の間にある境川は二級河川だが、協議して決まったんですね。どのように協議したかは調べてみたがわからなかった。

3 都道府県知事は、第一項の規定により河川を指定するときは、国土交通省令で定めるところにより、水系ごとに、その名称及び区間を公示しなければならない。
4 都道府県知事は、第一項の規定により河川を指定しようとするときは、あらかじめ、関係市町村長の意見をきかなければならない。
5 前項の規定により関係市町村長が意見を述べようとするときは、当該市町村の議会の議決を経なければならない。
6 二級河川の指定の変更又は廃止の手続は、第一項の規定による指定の手続に準じて行なわれなければならない。

一級河川とは異なり、社会資本整備審議会みたいなものは規定されていないね。具体的手続きは不明。

7 二級河川について、前条第一項の一級河川の指定があつたときは、当該二級河川についての第一項の指定は、その効力を失う。

一級 OR 二級どっちかしか指定できないのね。

この記事へのコメント