未使用と不使用

Oracleのマニュアルを見ていたら、「未使用列の削除」とあった。

未使用の列に対して実行できるアクションはALTER TABLE...DROP UNUSED COLUMNS文のみです。表から未使用の列を物理的に削除し、ディスク領域を再生します。


いや、それ言うんだったら、「使用列の削除」でしょう。機械翻訳だろうから仕方ないかもしれないが(校正しろって感じだが)、「不使用」というべきときに「未利用」ってしているのを良く見つける。

オークションで出す時に、「不使用品」を、「未利用です」ってだしたら、詐欺ですからね。
「不」=「NOT」、「未」=「NOT UNTIL」でっせ。「未」って「未だ、XXせず」ってことですよ。
「未来」は「未だ来ていない」から「未来」なんですよ。
社会人になって、この間違いを何回会社で指摘しただろうか。

「未だ、未完了です」みたいな報告を上げてくる奴がいる。
否定の否定だから、完了したんだよね?っと突っ込みを入れるけどね。

正しいかは知らないが、「非」「不」「未」「否」「無」は次のように自分は認識している。
不:単純な NOT。良い意味でも悪い意味でもない。
非:悪い意味でのNOT GOOD.
未:NOT UNTIL
否:感情的に嫌って意味で使う。NOT LIKE.
無:ある/ない、という比較で使う。NOT EXISTS.

ちなみに、”未”を名前に付いている人がいる。
未来(みく)とか。否定の言葉を名前に付けるのってどうかと思うが、学が無い人が親なんでしょうね。

この記事へのコメント