絶海の孤島「カベルナリア吉田」(イカロス出版)

対馬・父島はメジャーなので、絶海の孤島と呼ぶにはふさわしくないかもしれない。
青ヶ島は、廃道・廃線・未成道・隧道・林鉄・道路趣味~山さ行がねが~ の記事である程度知っている。
それ以外は大東島の名前を知っているだけで、後はマイナーかつ孤島と言って良いのでしょう。

著者は今回の取材だけでなく各地の孤島に何度も行っているので、最初に訪れた時の観光客みたいな視点が少なくて良かった。
観光案内をされてもねぇ。そういうのが好きな人もいるのだろうが、自分の好みではない。

最後の「孤島の旅を終えて」は是非読んでもらいたいと思う。
著者の気持ちが示されているし、納得できる内容だと思う。


この記事へのコメント