LibreOffice Calc のおかしなところ

オープンソースのオフィススイートに LibreOffice というのがあります。
日本語化もされているので良いのですが、Microsoft Office とのイラッとする違いがあります。

良く使うのが、Microsoft Excel 相当の Calc です。
(Googleのスプレッドシートを使っていたのだが、重くて仕方ないので変えました)

マクロが使えないのは仕方がないとして次のような差があります。

全角数字のはずが。。。


数字書式で、「[DBNum3]0」 なんてすると、Excelでは「1234」が「1234」と表示されます。
しかし、Calc では、「壱阡弐百参拾四」となるのです。
以下は警察庁のExcelの資料を開いた時のキャプチャーです。
LibreOffice Calc で書式をした時の動き[DBNum3]
読めないことは無いが、読みにくいことこの上ない。

ヘルプを見ると、DBNumをNatNumにするとExcelと同じになるそうだが、機能追加するならわかるが、非互換起こすようなことするなよ。

グラフ


Excelでは出来るが、Calcで出来ないことがかなりある(複数系列の積み上げ棒グラフとか、グラフの併記とか)。
イラッと来たのは以下だ。
東京都内でのマスク着用率
なんで、時計回りじゃないのさ!
(追記:オプションで時計回りに出来ることがわかりました。でも、デフォルトにしろって感じです。)

その他


・ALT+↓ でEXCELのようにプルダウン表示できるが、マウスじゃないと選択できない。
 何のためにショートカットあるんじゃい!マウス使わなくても出来るようにするためでしょ!(バージョン6.4.2.2で使えるようになっていた)
・セルの中で改行は、ALT+Enterではなく、CTRL+Enter



この記事へのコメント