プラズマクラスター・新型コロナ実験。これ意味ある?

以下のようなのを見つけ、怪しいなと思いちょびっと調べました。


長崎大学の資料から引用した図です。
プラズマクラスター・新型コロナウイルス実験概要
約1000万個/cm3の発生させるそうです。それで91.3%の新型コロナウイルスを不活性化できると。

シャープのサイトを見ると、最上級機種で約5万個/cm3を発生させるとのこと。

単純計算で最上級機種でも、91.3%×5万÷1000万=0.5% の効果。

誤差の範囲で部屋を換気した方がよっぽど効果がある。

安全性のページを見ると、100万~1300万の濃度で健康被害は無いとのこと。
どのような試験か詳細が無いし、論文探したが見つからないのでわからないが、現状の機種からそれほど濃度を上げらえるとは思えない。
(動物実験なら1/100、人の実験だったら1/10が安全基準になると思う)

何でこんな実験したのだろう?

↑こんなツイートまでして。
うがった見方をすると、以下となるが、実際はどうだろうか?

『通常の濃度では効果ないだろうが、高濃度の実験を公開しすれば騙されて買う奴がいるんじゃね?
でも、事実と異なること流布するとマズいので、一応実験ですと言っておく。
「その効果は今後の検証です」というが、実施はしない。』


この記事へのコメント