食物倫理

食物倫理(フード・エシックス)入門: 食べることの倫理学」を読みました。

というか、最後まで読み切れませんでした。
同じことをダラダラと書き綴っていて読む気が削がれたので途中で止めました。
ただし、ある事象に対して賛否両意見を載せていて、判断を読者に委ねようとする姿勢があり、それは良いと思う。

途中に書かれていた以下には疑問符が付きましたね。
種子に関する特許によって、将来の利用のために、また他者と分けあうために農民たちが種子を保存することが出来なくなってしまう。


食物倫理(フード・エシックス)入門: 食べることの倫理学
ロナルド・L・サンドラー
ナカニシヤ出版
2019/4/15

この記事へのコメント