自称国際ジャーナリストはもう嘘しかつけない② 米大統領選編

政府はもう嘘をつけない」を読みました。

第2回は、55ページある『金の流れで「アメリカ大統領選挙」が見える!』がツッコミ対象となります。

何でしょうねこれは?

2016年3月の世論調査では、アメリカの労働人口のうちフルタイムの仕事についているのは44.5%、半分以上の国民は、仕事を掛け持ちするか、生活できない収入しか得られていない。
なんでこんな数字になるんだ?

米国労働統計局を見るとわかりました。
堤氏が全く理解しないで書いているか、騙す気満々なのかどちらかです。

数字自体はあっているが、説明が間違っています。
「雇用者人口」ではなく「労働人口」であるのがミソです。

「労働人口」=「雇用者人口」 + 「非雇用者人口(=その他労働者、個人経営の一次産業従事者・個人事業主・経営者・自営業者など)」
「雇用者人口」=「フルタイム雇用者人口」+「パートタイム雇用者人口」

「非雇用者人口」が約4割いるので、「雇用者人口」の内「フルタイム雇用者人口」が100%であっても、60%にしかなりません。
「雇用者人口」の内「フルタイム雇用者人口」は約8割のため、
「労働人口」の内「フルタイム雇用者人口」は、0.6×0.8 = 48% ≒ 44.5%となります。

わかりやすいようにグラフにしてみました。
アメリカの労働人口の内訳
①が半分を切っているので、②③が「仕事を掛け持ちするか、生活できない収入しか得られていない」と言っているが、
一般的にその状態になるのは②であって、全くもって説明がおかしい。

ということで、堤氏は、大ばか者か詐欺師のどちらかと言えるでしょう。

そもそも、なぜ労働力調査ではなく世論調査の結果を引っ張ってきているのでしょうね?


ロビイスト

「数字を見たらまず疑え」これは、堤氏の本を読む時の鉄則。
現在、ワシントンが抱えるロビイストの数は1万7800人。
国会議員1人につき13人のロビイストが常時張りつき、自分の業界の利益になるよう働きかけているのだ。
この数字どういう意味でしょう。
上院・下院の議院は合計で535人です。
「国会議員1人につき13人のロビイストが常時張りつき」とあるが、13×535=6,955で、1万7800人とあわない。
1万7800人はフルタイムでない人を含んで、フルタイムの人は約7000人と言いたいのでしょうか?
この文章読んだだけでは、何のことなのかさっぱり理解でません。

Total Spending & Lobbyists
※「Lobbying Data Summary • OpenSecrets」より引用
 このサイトは上院の公共記録局(SOPR)のデータを使っているようです。
 下院の議院の方が多いので片手落ちじゃね?と思いましたが、下院のサイトを見ると上院の情報とリンクしているので、上院の情報だけで足りるということらしい。

このグラフによると「積極的にロビー活動を行ったユニークな登録ロビイストの数(20%以上をロビー活動に費やした人という意味)」の最大は2007年の14816人です。
堤氏のどの数字ともあいません。なんなんでしょうね。

2008年に「リーマン・ショック」がアメリカ発世界金融危機を引き起こし、怒り狂った米国民を筆頭に国内外から金融業界の責任を問う声が高まった時、彼らの動きは実に速やかだった。・・・
1年で元政府職員ロビイストを1474人を集めることに成功する。さらに1日1億ドル(約100億円)、合計300億ドル(約3兆円)のロビー費用を使い、現役国会議員らに「金融業界の規制をさせぬよう」せっせと圧力をかけた。
先のOpenSecretsからデータを引用しましょう。

2008年の金融、保険、不動産業界(金融業界)のロビー費用:4億5754万ドル
2008年の全ロビー費用:24億8000万ドル
2008年の元公務員の金融業界ロビイスト:1,644人
2007年の元公務員の金融業界ロビイスト:1,652人

嘘も大概にしろって感じですな。

なんちゅーサイトのデータ引用してんねん!

2008年大統領選挙の献金額比較表があり、珍しく引用元のURLが載っていたので見てみました。
以下にキャプチャーを貼りますが、ビックリしました。
2008年大統領選挙の献金額らしい http://www.rotharmy.com/forums/showthread.php?63271-Occupy-ROTH-Army/page6
開いた瞬間、どこのアングラサイト?って思いました。
国際ジャーナリストと言う人は、データソースもわからず・どの誰かもわからない人が掲示板に書いたを何の疑いもなく引用するのですね。

先ほども引用した OpenSecrets から以下の表を作りました(単位はドル)。
提供者オバマ(民主党)マケイン(共和党)
カリフォルニア大学1,799,460
ゴールドマン・サックス1,034,615234,595
ハーバード大学900,909
マイクロソフト854,717
JPモルガン・チェース847,895336,605
グーグル817,855
シティグループ755,057330,502
米国政府638,335235,304
タイムワーナー617,844
シドリーオースティンLLP606,260
スタンフォード大学603,866
ナショナル・アミューズメント579,098
コロンビア大学570,839
スキャンディンアーブス554,439
ウィルマーハレ法律事務所554,373
米国司法省540,636
IBM534,470
UBS534,166192,593
ゼネラルエレクトリック532,031
モルガンスタンレー528,182264,501
メリルリンチ354,570
AT&T211,738

OpenSecretsは、どのように作っているか明記されています。
堤氏が拾ってきたものと金額も順位も違います。

堤氏がどんなものをデータソースにしているかが良くわかりました。
大学生がこんなレポート持って来たら、まともな大学では単位もらえませんね。
その程度のクソってことがわかりました。ここまでヒドイとは思っていなかった。
そもそも、引用元って画像なのでテキスト起こしするのが面倒だったと思いますが・・・

今度は週刊ダイヤモンドのパクリですか

2013年のデータを見ると、製薬業界から医師や医療機関に提供される年間4410億円という額は、既に国の科学研究費予算2381億円を大きく超えている。
あ~。引用元を明かさず勝手に数字を使っているよ。
しかも間違えて。

これは、週刊ダイヤモンドの「年間なんと5000億円! 製薬業界と医師の“癒着”構造」のパクリでしょうね。
2012年度に製薬会社が医師や医療機関に提供した金額は、総額4410億円に上ることが明らかになった。・・・
 ちなみに2013年度の国の科学研究費(科研費)の予算額は2381億円で、製薬業界の資金提供は、49社分だけでも2倍近くに相当。70社分となれば、5000億円規模に上ると予想される。
ダイヤモンドは、2012年度の製薬業界⇒医師・医療機関の金額が4410億円といっているが、堤氏は2013年と誤って引用しています。
年も違うのだが「年度」を「年」としているし。
「年度」と「年」の違いがわからないのでしょうかね?

ちなみに、ダイヤモンドも比較対象がおかしいのです。
なぜ、2012年度の金額と2013年度の科研費を比べているんじゃい!
2012年度の科研費の予算額は、2,566億円です。

引用元を記さず勝手にデータを使った上に間違っている、堤氏は最高ですね。

巻末に「参考文献・資料」を載せているが、例えば「日本経済新聞」としか書かれていないので、確認しようがないクソっぷりです。
「国際ジャーナリスト」のクセに正しい引用の仕方も知らないのでしょうかね?

政府はもう嘘をつけない
堤 未果
角川書店
2016/7/10

この記事へのコメント