この人、マジで「無知の知」ならぬ「無知の無知/無恥」だね

自称国際ジャーナリストの堤未果氏の動画「人間の体内に埋め込みチップ【日立製作所とバイオ業界】(2020/09/03公開)」をひょんなことから見ました。




無知の知


「無知の知」とは、自分が無知であるということを知っているという意味です。
この人は、その真逆ですね。「無知の無知」または「無知の無恥」ですね。
無知であることを知らない。または、無知であっても全く恥だと感じない。
そうでなければ、こんな恥ずかしい動画をUPできないでしょうね。

マイクロチップ


0分40秒頃から:世界最小のチップを日立製作所が開発したんですね。・・・
世界最小の粉末状の0.05ミリ四方で厚さが5マイクロmm なんたら、みたいな凄い世界なんですよこれ。ただしねこれチップなんでデータが入るんですよ。

文字に起こすとわかりにくいですが、
「日立製作所」:「ひたちせいさくじょ
「5マイクロmm」:「ごまいくろえむえむ
と言っています。

「日立製作所」は、登記簿見ればわかりますが(見ないでもわかるが)「ひたちせいさくしょ」です。

「5マイクロmm」って何ですかね?
5マイクロミリメートル?だとすると、5nm(5ナノメートル:5×10-9m)ってことですか?
このチップは2007年に発表され、90nmプロセスで作られたものです。
5nmだとしたら、現在においても超最先端技術で世界をリードできます。

1分30秒頃から:このチップにですね38桁までの数字が入るんですね。
それを外付けのアンテナで電波を受信すれば、そこに無線で送れるんです。
全く理解していない物言いですな。
まず、2.45GHz のマイクロ波を受信しそれをエネルギーに無線送信します。
それを受信機がキャッチします。

電波をストローみたいに吸い出せると思っているのだろうか?

7分10秒頃から:スマホとかもちろん品ですけど、おそらくもうこれすごくスピードが早いので、
それはどんどん使われなくなってやっぱり日立製作所のミューチップがトレンドになっていくかなという感じです。
一次情報を確認しない堤氏ですから、こういうことしれっと発言しちゃいますね。

日立のチップはROMなので書き換えできません。
そのため、書き換えできる汎用目的のスマホ代替には成り得ないのですよ。
(ROMで書き換えできず改竄できないというメリットはもちろんあります)

この記事へのコメント