ハエも眠る

動物はいつから眠るようになったのか?」を読みました。

内容が網羅的で薄く期待する内容ではなかった。
参考文献にある次の本などの方が面白かったのではないか。
睡眠の科学・改訂新版 なぜ眠るのか なぜ目覚めるのか 櫻井武
睡眠のはなし 内山真
眠りを科学する 井上昌次郎

面白いと思ったことを列挙します。
・ラットを強制的に眠らせないようにすると2週間以上で脱毛・潰瘍・体温低下が起き、さらに続けると多臓器不全で死亡した(上記「睡眠の科学」の引用)
・シロイルカは脳の片方ずつ眠る「半球睡眠」をする
・睡眠時間は肉食動物で13時間、草食動物で7・8時間、雑食動物で12時間。
 体が大きい動物(基礎代謝率が低い)ほど眠りが短く、その傾向は草食動物で高い。
・冬眠はずっと眠ったままではなく、数日から1週間程度経つと中途覚醒する(排泄・食事をしているのでは?と書かれている)。
 シマリスは気温を下げても冬眠はせず(冬眠せず凍死してしまう)、10~12月にしか冬眠しない。
・ハエ(ショウジョウバエ)以上の高等動物は眠る

動物はいつから眠るようになったのか?
大島靖美
技術評論社
2018/2/17

この記事へのコメント