放牧重視、とても良いと思います。ドンドン推してください。

日本農業新聞の「大詰め酪肉近論議 地域連携と放牧重視を」をピックアップ。

将来への明確なメッセージとともに、地域連携、放牧の可能性を深掘りすべきだ。
放牧良いと思います。耕作放棄地は全部放牧にしてしまえばよい。
荒れ地になったら何かの時に耕地にするのは大変。
理想は耕地・放牧を入れ替えてやるのだろうけど、理想ばかり言っていても仕方がない。
空き家に税金がつっとかけて、更地にさせてそこも放牧地にすれば良い。

でも次の主張はどうだろう。
 同省は新たな食料自給率目標として、従来のカロリーベース、生産額ベースに加え、飼料自給率を反映しない産出段階の自給率もそれぞれ設定する。生産者の経営努力を反映するためとしているが、国民に混乱を招きかねない。飼料自給率を反映させた従来のカロリーベースを第一義とすべきだ
狭い日本で1億数千万人を食わすことは無理。
そうであれば、購入額ベースの自給率を上げて輸入にかける金額を減らすべき。
放牧による酪農は必要だが、それ以外で畜産自給率向上のパワーを注ぐべきではない(輸出は除く)。
いずれ肉を食えなくなる時代が来るから。

グレタ女史も肉食うなって言っているでしょ。
表現の仕方は微妙だが、方向性としてはあっていることも言っている。



新聞社説
要約
朝日新聞新型コロナ対応 検証に堪える記録残せ
政府の裁量で範囲を狭めることなく、客観的な検証に堪える十全な記録としなければならない。
録音もしていないとは、にわかに信じがたいが、事実なら怠慢である。
それは与党の責任でもある。
朝日新聞消費者訴訟 この一歩から着実に
まず消費者団体が裁判を起こし、事業者に賠償義務があることをはっきりさせる。
今回、団体は受験のための交通・宿泊費の支払い義務の確認も求めたが、同じ理屈で地裁に退けられてしまった。
その循環を確かにして、被害を放置しない社会をつくりたい。
毎日新聞新型コロナの政府対応 首相は科学的分析尊重を
ただし、感染者の増加は続き、その背後に、見えない感染拡大がある可能性があることから、今後も状況は予断を許さないとの認識を示している。
その時に重要なのは、安倍晋三首相らが専門家会議の科学的分析を尊重することだ。
政府の対策本部は拙速な判断を避け、科学的分析を踏まえて今後の対応を決めてほしい。
毎日新聞急速な株安・円高 不安鎮める対策が急務だ
1~3月期も感染拡大に伴う企業活動や消費の停滞で大幅マイナスが続くとの見方が増えている。
急速な株安と円高は企業や消費者の心理を一段と冷やしかねない。
経済を一段と悪化させないためにも、国民の暮らしを支えることが重要である。
東京新聞3・11から9年 悲劇を乗り越えるには
被災地では「震災を忘れないで」という声をよく聞きます。
東京電力福島第一原発事故を題材にした映画「フクシマフィフティ」が六日から上映されています。
それを見た子どもが何をしているのと母親に尋ねます。
読売新聞円高・株急落 経済悪化を最小限にとどめよ
円高・株安が加速している。
政府・日本銀行は関係国と連携をより密にして、金融市場の安定化に努めねばならない。
日経平均株価は9日、一時1200円を超える下げ幅を記録し、終値で約1年2か月ぶりに2万円の大台を割り込んだ。
読売新聞双葉町避難解除 復興の足がかりを築きたい
古里の復興に向けた課題を一つずつ克服したい。
国の避難指示が出た11自治体では、14年以降、順次指示が解除されているが、人口の回復率は低迷している。
原発事故直後に、流通業者から敬遠された結果、価格が下がった影響が続いている。
産経新聞東京大空襲75年 追悼と備えの心を新たに
焦土となった国土で、生き残った人は、犠牲者への追悼の念とともに、平和を守り祖国を復興させることを誓っただろう。
焦土となった東京はとうに復興し、繁栄を手にした。
日本は有事に置かれていると言っても過言ではない。
産経新聞大荒れの金融市場 動揺阻止へ首脳が結束を
新型コロナウイルス感染の世界的な拡大が収まらないことへのパニックなのか。
だが、どの国も必要に応じて、大胆な追加措置を講じるべきは当然である。
その点を各国の首脳は銘記すべきである。
中央日報終わるまで終わりではない=韓国
国内新型肺炎の感染者数が中国に続いて世界2~3位水準で、政府の初期対応の失敗のせいですでに50人の国民が亡くなっているのに、今主務長官の口からこのような言葉が出てくることができるのか問いたい。
世界で新型肺炎の感染者はすでに11万人を突破した。
いつでも海外から流入する可能性があるため、たとえ韓国で新型肺炎が落ち着いても決して油断してはならない。
東亜日報首都圏病院の相次ぐ閉鎖、米国・欧州患者の急増…油断している場合ではない
免疫力が弱い患者が密集している上、院内患者の発生時に病棟閉鎖と医療スタッフの隔離で地域医療システムが麻痺して初期対応に失敗すれば、重症・救急患者まで被害を被ることになる。
伝播経路が分からない感染が続くことも、拡散を巡る懸念を膨らませている。
首都圏では初めて院内感染による病院閉鎖後、昨日運営を再開したソウル恩平(ウンピョン)聖母病院も感染経路を把握できていない。
ハンギョレ新聞「災害基本所得」真剣に検討してみよう
本来の意味の基本所得は、所得水準とは関係なく全ての国民に補助金を支給する内容だ。
イ・ジェミョン京畿道知事、キム・ギョンス慶尚南道知事がそのような普遍的な案を提案した。
現在の条件では、脆弱地帯である小商工人、零細自営業者、非正規職、日雇い労働者に支援を集中することができる“制限的な案”がより現実的で望ましく見える。
人民報外国からの感染の流入を防ぐには「中国の力」と「中国の温度」が必要
3月8日時点で、外国から中国に入国した新型コロナウイルス感染者は67人に達している。
中国国内で1日当たりの新たな感染者が1万5000人余りから各地の「ゼロ」へと次第に移ったのは、最も全面的で徹底した厳格な完全予防・抑制措置を講じたからだ。
感染者の外国からの流入を防ぐには「中国の力」と「中国の温度」が必要だ。
人民報「政治的塀」で科学技術協力の大勢は遮れない
5G技術の発展と応用は一段と活躍している。
上院議員20人が連名書簡で、中国企業との協力をすでに決定した英国政府に再検討を要求した。
警戒すべきは、米側の科学技術覇権行為が科学技術協力が米国にもたらすメリットを軽視しているだけでなく、世界全体の産業チェーン、サプライチェーン、バリューチェーンを脅かし、世界各国の共通利益を損なっていることだ。
琉球新報コロナ対策首相判断 科学的根拠踏まえ実施を
教室や学童保育で受け入れても、感染を防止するのに十分な空間確保が難しい場合もある。
「感染拡大防止に対する科学的根拠が分からない上、首相要請が唐突で準備期間が少なかった」「受け皿となる学童保育などでの感染の広がりも懸念される」といったものだ。
政府専門家会議による先月24日の見解を基に判断した。
沖縄タイムス[福島原発事故9年]復興五輪というけれど
本当に状況はコントロールされ、復興は進んでいるのか。
双葉町が実施した意向調査で、帰還の意思を示した住民は約1割にとどまった。
政府は第1原発の廃炉時期を事故を起点に「30~40年後」としている。
しんぶん赤旗GDPの改定値/経済はいよいよ深刻な事態だ
外国のマスメディアからも「日本の消費税の大失態」(米紙ウォール・ストリート・ジャーナル社説)、「最大の経済的愚策」(英誌『エコノミスト』)などと批判されました。
暮らしと経済を立て直すには、直ちに「アベノミクス」を中止し、消費税率を5%に減税するしかありません。
消費税を減税し、新型コロナウイルスの感染拡大対策への思い切った財政措置を含めた暮らしを応援する経済政策は文字通り待ったなしです。
信濃毎日新聞一斉休校1週間 子どもの食支える体制を
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う一斉休校で、学校給食がなくなった子どもたちの食をどう支えるか。
ひとり親や生活に困窮している家庭にとって、給食は子どもを育てるための命綱だ。
全国で給食に代わる手だてが求められているのは明らかだ。
信濃毎日新聞NPT50年 核保有国は約束を果たせ
責任は条約で核保有を許された5カ国にある。
他国への拡散も防げず、非保有国との根深い対立を招いている。
ただ、軍縮は保有国の思惑に左右され、核拡散も止められていない。
京都新聞肺炎と中小企業 実態に即した支援策を
信用情報会社の東京商工リサーチの調査では、企業活動への影響が「すでに出ている」、「今後出る可能性がある」とした回答が、京都に本社を置く企業で75%、滋賀も69%に達した。
政府は、感染拡大で売り上げが急減した中小企業向けの特別貸付制度を創設すると表明した。
自治体や商工団体などと連携し、感染終息後の事業継続も見通した、息の長い支援が求められる。
京都新聞クルーズ船感染 得た経験対策に生かせ
これでは、感染が拡大するのは、目に見えていたといえよう。
感染拡大を防止するため船内に乗り込んだ専門家チームのメンバーも、2人部屋に泊まる乗員同士は感染する状況にあった、と指摘する。
ここでの防護策は、クルーズ船とは対照的だったとされる。
新潟日報感染症ショック 企業の資金繰り支えねば
政府や地方自治体、金融機関は企業や地域経済の動向に細かく目を配り、資金繰り支援など着実な対策を展開してほしい。
中国に進出または中国と取引のある企業を対象に県が2月下旬に行った調査では、約6割が悪影響が出ていると回答した。
だが、当時と大きく違うのは、金融危機が発生しているわけではないことだ。
西日本新聞大震災から9年 避難所の感染対策も重要
自然災害と同列には語れないとしても、新型ウイルス感染が日本でもこれほど広がるとは誰が予測できただろうか。
本紙の調査によると、災害対策基本法に基づき、災害時に支援が必要な高齢者や障害者を自治体が把握して名簿に掲載する基準には、九州の主要都市でもばらつきがあった。
新型コロナ対策が進む今も、自然災害への備えを怠れはしない。
北海道新聞東日本大震災9年 復興へ支援の手緩めずに
だが、巨大災害からの復興は容易ではない。
避難指示が出た11市町村で唯一全域避難中だった双葉町は4日に一部解除となった。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府は11日に予定していた政府主催の追悼式の中止を決めた。
河北新報東日本大震災9年/あの日を思い出し備えよう
東日本でも避難の声掛けや要援護者の移動の介助などで、家族や住民が重要な役割を果たした。
あの日、何ができて、何ができなかったのか。
あの日の教訓と備えの誓いは今、どうなっているのか。
神戸新聞東日本大震災9年/被災地の苦闘をわが事として
もはや人災ではないのか。
だが各種調査で生活再建を実感できないと訴える人が多く、国や自治体が進める復興と被災者の思いにはずれがある。
一方で、第1原発が立地し、96%が帰還困難区域に指定された双葉町は、今月4日、ようやく一部の避難指示が解除された。
日本農業新聞大詰め酪肉近論議 地域連携と放牧重視を
酪肉近の骨子案を同省が示したが、多くの論点がある。
酪肉近で重要な二つの視点として、地域連携と国連の持続可能な開発目標(SDGs)を踏まえた放牧の有効性に注目したい。
将来への明確なメッセージとともに、地域連携、放牧の可能性を深掘りすべきだ。
山陽新聞東日本大震災9年 息長い支援で地域再生を
被災地では住宅や道路、鉄道などハード面の整備は着実に進んできているとはいえ、住民の生活再建や産業再生は道半ばだ。
共同通信のアンケートによると、福島など3県の市町村が行った土地区画整理事業で整備済みの土地のうち、少なくとも26%に当たる232ヘクタールが利用されていない実態が明らかになった。
複数の自治体では土地所有者と利用希望者を引き合わせる対策を取っているが、十分な効果は上がっていない。
世界日報年金制度改正、支え手増やし持続可能に
働く意欲と能力のある高齢者の労働参加を促し、年金をはじめとする社会保障制度を支えてもらうことは、少子高齢化が進む中で欠かせない。
実際の収入額に応じた給付が受けられるようにするほか、過労死や精神障害の労災認定では、複数の職場の労働時間や負荷を総合的に判断し、適用されやすくする。
中小企業への目配りを このほか年金制度改正案は、パートなど短時間労働者への厚生年金適用拡大に向け、加入義務がある企業の規模を、現行の従業員501人以上から22年10月に101人以上、24年10月に51人以上へと引き下げることを盛り込んだ。
秋田魁新報JAふるさと好調 販売額200億円は通過点
さらに販売額の増加を目指し、取り組みを強化してほしい。
コメの作付面積が増えたのは、同JA独自の「ふるさとecoらいす」の販売好調が要因だ。
コメ全体の消費量が減る中、事前に売り先が決まり、ある程度価格が見通せることで、組合員が安心してコメ作りに取り組めるのは大きな強みである。
山形新聞東日本大震災・今後の復興庁 防災部門と統合めざせ
東日本大震災から9年、「復興の司令塔」である復興庁は、2021年3月末の設置の期限が10年間延長されることになった。
岩手、宮城両復興局は盛岡、仙台両市から沿岸部に移し、福島復興局は福島市に引き続き置く予定だ。
この「事前防災」から災害発生時の対応、そして復興の司令塔となる一つの組織をつくることは被害の軽減と迅速な復興につながる。
福島民友新聞震災9年・産業再生/新分野育て地域に好循環を
津波被災地や原発事故で避難指示が出た15市町村の域内総生産は、震災直後に落ち込んだものの2016年度には2.5兆円となり、震災前の10年度の2.2兆円を上回っている。
県は、ドローンなどの新分野に県内企業の参入を促すきっかけとするため、先月設立した異業種間の交流組織「福島イノベ倶楽部」などとの連携を強化する方針だ。
福島相双復興推進機構によると19年12月現在、浜通りの被災事業者のうち、地元で事業を再開したのは全体の3割となっている。
福井新聞新型コロナ株2万円割れ/政府の対応遅れも一因だ
新型コロナは当初、中国を中心とした東アジアの問題だと受け止められてきたが、ここに来て欧州や米国でも感染が急拡大してきたことで「対岸の火事ではない」との危機感が強まっている。
日本では20年春闘が本格化しているが、経営側が賃上げに消極姿勢になるとの観測も出ている。
ただ、野党などからもそれで十分なのかといった疑問が出ている。
山陰中央新報原発事故から9年/信頼回復には程遠い
世界の潮流に沿って再生可能エネルギーへの転換を進めないと、日本の社会と経済は大きなリスクに直面することになる。
日本政府が当てにしていた原発が動かないことは、二酸化炭素の排出量が多い石炭火力発電への依存度が高まるという大きな問題も生み、10年度には28%だった石炭火力の比率は32%にまで高まった。
原発事故と温暖化のリスクを減らし、持続可能なエネルギー社会を築くには、徹底した省エネと再生可能エネルギーの拡大を図るしかない。
高知新聞【NHK経営委】かんぽ対応の議事録示せ
「番組の作り方に問題があった」などと委員の面前で上田氏を批判したとする報道もある。
経営委は上田氏を厳重注意とし、上田氏は郵政側に事実上謝罪した。
森下氏は衆院総務委でも公開を求められたが、「自由な意見交換に支障が出る」と拒否した。
佐賀新聞原発事故から9年
だが、再稼働の遅れやトラブルなどで17年度の発電比率は約3%にすぎない。
日本政府が当てにしていた原発が動かないことは、二酸化炭素の排出量が多い石炭火力発電への依存度が高まるという大きな問題も生み、10年度には28%だった石炭火力の比率は32%にまで高まった。
原発事故と温暖化のリスクを減らし、持続可能なエネルギー社会を築くには、徹底した省エネと再生可能エネルギーの拡大を図るしかない。
東奥日報人権制約に留意し議論を/保釈制度見直し
神奈川県や大阪府などで昨年、保釈中に実刑が確定したり、保釈を取り消されたりした被告らが相次いで逃走。
年末には、保釈中だった前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した。
2009年の裁判員制度導入と前後して裁判所は積極的に保釈を認めるようになり、この姿勢は今後も変わらないとみられる。
南日本新聞[保釈制度見直し] 人権に配慮した議論を
神奈川県や大阪府などでも昨年、保釈中に実刑が確定したり、保釈が取り消されたりした被告らが相次いで逃走したことを受けて、森雅子法相が法制審に諮問した。
だが、運用次第では個人のプライバシーに踏み込み、人権を制約することになりかねない。
捜査・裁判上の要請と人権のバランスをどう取るか、徹底した検討を期待したい。
宮崎日日新聞新型コロナと五輪
東京五輪は予定通りに開催できるのか。
国内での聖火リレーは、少なくとも序盤は多くの人が狭い空間に集まることがないよう、きめ細かな配慮をしてほしい。
感染拡大が減速し終息に向かわない限り、「計画通りに開催」という言葉は無理がある。
日刊工業新聞災害廃棄物処理 中小の自治体こそ計画策定を
自然災害からの復旧は、土砂や廃材など廃棄物処理も大きな課題となる。
東日本大震災で272万トンの廃棄物を処理した仙台市は、可燃物、不燃物、資源物の分別管理を徹底したうえ、コンクリートや金属のくずはリサイクル、津波堆積物は復興資材に使用した。
マンパワーや知見が足らない中小自治体こそ計画を策定し、他の自治体や関連業界と信頼関係を構築しておきたい。
徳島新聞大震災9年(上) 被災者支援の課題は多い
一方で、今も約4万8千人が自宅を離れ、全国各地で避難生活を余儀なくされている。
ソフト事業を重視した手厚い対策と、福島第1原発事故の復旧・復興事業を継続する必要性を踏まえれば、延長は当然の判断である。
特別会計で復興事業を賄う「復興期間」も10年延長となる。
熊本日日新聞NPT発効50年 核軍縮へ体制の再構築を
191カ国・地域が加盟し、世界の核秩序を担ってきた。
しかし半世紀たった今、米ロの軍拡競争は再燃の兆しを見せ、北朝鮮やイランの核開発問題は解決が見通せず、世界は危機的状況に立たされている。
唯一の戦争被爆国である日本は保有国と非保有国の「橋渡し役」を目指すが、自国の安全保障を米の「核の傘」に依存しながら核廃絶を訴える矛盾を抱えたままだ。
労働新聞災害防止にレジリエンス力
さらにヒヤリハットを災害の疑似体験であるという負の側面から、災害を直前で回避できた成功事例というレジリエンスの面から捉えている。
状況に合わせて判断する力や咄嗟の危険を回避するレジリエンス力を高めることが今後、災害防止を防ぐうえで重要という。
この言葉が示すように、刻々と変化する現場に対応する能力が、ストレスや労働災害という困難から身を守る。
化学工業日報技術志向で新市場を拓く化学品商社
商社が取り組むビジネスは、かつては素材などを国内外から調達し、これを販売するという口銭ビジネスが中心だった。
ところが近年は、顧客が望むかたちで商材を提供するスタイルへと変化している。
加工度を上げて付加価値を高めたうえで提供したり、そのサポートまで担うケースも増えた。

この記事へのコメント