同性婚を認めないのが違憲?重婚認めない民法がよっぽど違憲

沖縄タイムスの「[同性婚否定は違憲状態]法制化へ動き出す時だ」をピックアップ。

婚姻の平等を保障するための法整備を急ぐべきだ。
じゃあ、男2人女2人で結婚する、親子で結婚する、兄弟で結婚する、一夫多妻(多夫一婦も)、動物と結婚する、人形と結婚するなどいくらでもパターンが有り得るが、すべて認めて法制化しろというの?
バカバカしい。

例えば重婚は民法で禁止されているが、これは権利を制限する法律なので、より問題が大きいってことになりますね。
(重婚の禁止)
第七百三十二条 配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない。
この論理的矛盾を解決しなさいな。

憲法24条見ても重婚は何の制約を受けないでしょうに。
第二十四条 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
② 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。


今日の社説:3行要約

■山陽新聞:教団被害者の救済 新法の実効性に懸念残る
配慮義務規定を設けたのは、洗脳下の寄付規制を求める野党の主張を踏まえたものだ。
■福井新聞:被害者救済新法 実効性確保へ修正柔軟に
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の高額献金(寄付)問題を巡る被害者救済新法案が閣議決定された。
言葉通り、そうしたものと調和を図りつつ、被害防止・救済の実効性を確保しなければならない。




今日の社説:重要単語ランキング

順位重要単語関連単語
1位判決同性カップル、婚姻、同性婚、制度
2位寄付救済
3位

今日の社説:一覧

新聞社説
要約
朝日新聞「敵基地攻撃」合意へ 専守防衛の空洞化は許せぬ
他国の領土に届く「敵基地攻撃能力」を持つことは、専守防衛を旨としてきた日本の防衛政策の大転換である。
より多くの国民の理解と納得を得ることなしに、国の針路にかかわる重大な政策転換を急ぐべきではない。
毎日新聞救済法案の閣議決定 実効性高める修正審議を
被害の救済に資する新法としなければならない。国会は審議を尽くすべきだ。
被害救済の実効性をどう高めるか。与野党で知恵を出し合い、国会審議を通じて、法案をより良いものに修正していく必要がある。
毎日新聞台湾地方選で与党敗北 民意のバランス感覚映す
特定の勢力に権力を集中させないという民意のバランス感覚の表れだろう。米中対立の最前線に立たされながらも、着実に民主主義を実践するしなやかさを示した。
そうであれば、民主社会の存在を尊重しなければならない。力を頼みに統一を迫る限り、台湾住民の心は離れるだけだ。
東京新聞高額献金規制 被害防止へ実効性欠く
旧統一教会(世界平和統一家庭連合)問題の再燃を機に、政府が高額献金被害を防止、救済するための法案を閣議決定した。
こうした懸念を拭うには、政府や国会による丁寧な説明が必要であることは言うまでもない。
東京新聞江沢民氏死去 日中関係は「功罪半ば」
中国の江沢民元国家主席が九十六歳で死去した。
十一月に三年ぶりの日中首脳会談が実現したことは、評価できる。双方は正常化の際に約束した「不戦の精神」を忘れず、健全な関係の再構築を進めてほしい。
読売新聞江沢民氏死去 「負の遺産」を習氏が拡大した
中国の経済大国化の基礎を築く一方、軍拡路線や日中対立など「負の遺産」も残した。
習氏は、中国の軍事・経済力に自信を深めているのだろうが、江氏の国際協調路線がその基盤を作ったことを忘れてはならない。
読売新聞同性婚訴訟判決 憲法解釈の論争になじむのか
現行の憲法が、同性婚を想定していないことは明白だ。同性カップルをどう支援するかは、憲法解釈とは別の問題として考えるべきである。
今回の判決は、法整備についての議論も国会に求めた。同性カップルが子育てをする場合の子供の立場や福祉をどう考えるかなど、慎重に議論すべき点は多い。
産経新聞首相の2%指示 防衛費の「真水」大丈夫か
岸田文雄首相が浜田靖一防衛相、鈴木俊一財務相に、令和9年度に防衛費とそれを補完する関連予算を合わせ、国内総生産(GDP)比2%に達する予算措置を講じるよう指示した。
無理な算入で2%を称しても「水増し」を見抜かれ、抑止力を損なう。岸田首相は肝に銘じてもらいたい。
産経新聞江沢民氏死去 強硬路線を今日に敷いた
中国の江沢民元国家主席が死去した。共産党政権が学生や市民を虐殺した1989年の天安門事件直後から約13年間にわたり、党総書記として中国を統治した。
日本や欧米諸国が江氏に油断したことから、習政権が地域や世界の脅威になった。この過ちを繰り返してはならない。
日本経済新聞習政権が狙う「江沢民時代超え」の難しさ
江沢民・中国元国家主席が死去した。江氏の統治の特徴は社会主義イデオロギーよりも経済を重視し、「開かれた中国」の姿勢を前面に打ち出したことだ。
無理に超えようとして、柔軟性を捨て、いわゆる「中国式」にこだわるなら、明るい未来はやってこない。
日本経済新聞原発建て替えで安全性高めよ
原子力発電政策の大きな転換となる。経済産業省は原子炉の建設推進を明確に打ち出した。
原発にいつまで、どの程度依存し続けるのかは、なお議論の余地がある。再生可能エネルギーの利用拡大や省エネの重要性は今後も変わらず、全力で進める必要がある。
東亜日報輸出が14%激減し成長は0%台、民主労総の物流マヒ…自害行為を止めるべきだ
先月、韓国の輸出は1年前の同月より14%減少し、2ヵ月連続で逆成長した。
今、韓国経済は労組の利益追求を受け入れるほど暇な状況ではない。非妥協的姿勢と強対強の対立で、経済の動脈である物流を麻痺させる「自傷行為」はもう止めなければならない。
琉球新報防衛費GDP比2% 健全な財政規律取り戻せ
岸田文雄首相は防衛費を国内総生産(GDP)比2%に倍増させるよう関係閣僚に指示した。
GDPの2倍を超え、主要先進国の中で最も高い水準だ。防衛費の抑制につながる外交努力こそが必要だ。
沖縄タイムス[同性婚否定は違憲状態]法制化へ動き出す時だ
婚姻の平等を保障するための法整備を急ぐべきだ。
現状が尊厳を傷つけていることを重く受け止めるべきだろう。国会も早急に立法化に着手すべきだ。
しんぶん赤旗同性婚訴訟判決/「個人の尊厳」保障へ法整備を
同性婚を認めない民法や戸籍法の規定は憲法違反だとして、同性カップルらが国に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(池原桃子裁判長)は11月30日、同性愛者についてパートナーと家族になるための法制度が存在しないのは「個人の尊厳に照らして合理的な理由があるとは言えず、違憲状態にある」との判断を示しました。
個人の尊厳を保障する立場から、国は法整備に踏み出すべきです。日本共産党は「婚姻の平等」を求めるたたかいに連帯し、力を尽くします。
公明新聞こどもホスピス 全国普及へ取り組み強めたい
小児がんや難病などを患う子どもと家族を支える「こどもホスピス」。その全国的な整備に向けた取り組みを進めたい。
こうした思いを受け止め、今後の支援策づくりに反映させたい。
信濃毎日新聞攻撃力保有へ 与党協議も生煮えのまま
自民、公明両与党がきょうにも、敵基地攻撃能力の保有に正式合意する。
そのために外交手段をどう尽くすのか。一方の議論を欠いたまま、近視眼に陥り防衛政策が変容していく。
信濃毎日新聞リニア残土対応 住民目線に立っていない
ルートの大半がトンネルのリニア中央新幹線工事から出る大量の残土。その行方がいまだにはっきりしない。
残土の発生量は、県内だけで東京ドーム8個分近い974万立方メートルが見込まれている。後回しにされてきた重い課題に、誠実に向き合ってくほかない。
京都新聞同性婚東京判決 早急に法整備の議論を
国会は早急に法整備を議論するべきだ。
岸田文雄首相は「慎重な検討を要する」と従来の政府答弁を繰り返すばかりでなく、指導力を発揮してもらいたい。
京都新聞江沢民氏死去 乗り越えたい負の遺産
中国・北京の天安門や人民大会堂で半旗が掲揚されるなど、追悼ムードが広がっている。国家主席(共産党総書記)だった江沢民氏が亡くなった。
その死去によって、党内には習氏をけん制する長老がいなくなったという。同氏の独裁的な振る舞いが一層強まらないか、心配だ。
新潟日報原発行動計画案 結論ありきは禍根を残す
東京電力福島第1原発事故以前のような「原発回帰」が鮮明な政策転換だ。だが、多様な意見を反映させた丁寧な議論には見えない。
エネルギー危機を脱し、脱炭素を進めるには再エネ導入が欠かせない。政府は優先順位を見誤ることなく、中長期的なエネルギー政策を検討してもらいたい。
西日本新聞「同性婚」判決 国会の立法措置は急務だ
「婚姻」という社会の制度の在り方に、大きな一石を投じる判決となった。個人の意思と尊厳を最大限に認めようという内容とも言える。
多様な価値観を認めることこそ、時代の要請である。国会の立法措置は急務だ。
北海道新聞同性婚訴訟判決 国会に法整備を促した
同性カップルが家族になる法制度がないのは違憲状態だとする判決が東京地裁で出された。
自民党保守派を中心に反対は根強いが、性的指向にかかわらず全ての人が同じ権利を享受できるようにするのが時代の要請だ。
北海道新聞杉田総務政務官 資質を疑う差別的言動
自民党の杉田水脈(みお)総務政務官がかつて、アイヌ民族を侮辱する内容をブログに投稿していたことが分かった。おとといの参院予算委員会で、杉田氏は自身の投稿と認めた。
政権全体で差別を容認しているとの疑念を持たれかねない。首相は、任命理由などを丁寧に説明する責務がある。
河北新報同性婚訴訟判決 「違憲状態」解消へ立法急げ
同性カップルの結婚を認めていない現行の法制度が「人格的生存に対する重大な脅威、障害」になっているとの指摘は極めて重い。
こうした考え方こそ実質的な差別解消に向けた確固たる足がかりにしたい。
静岡新聞「風流踊」遺産登録 地域文化伝承の弾みに
静岡県の「徳山の盆踊」(川根本町)や「有東木の盆踊」(静岡市葵区)など全国各地に伝わる民俗芸能「風流踊[ふりゅうおどり]」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されることが決まった。
国や自治体は実情把握に努め、企業や民間団体などと連携しながら支援態勢を構築してほしい。地域の宝を途絶えさせてはならない。
神戸新聞防衛費2%指示/規模ありき理解得られぬ
岸田文雄首相は、2027年度に防衛費を国内総生産(GDP)比2%まで増やすよう関係閣僚に指示した。22年度当初予算で防衛費は5兆4千億円とGDP比約1%に当たる。
防衛費の倍増と併せ、安保政策の基本である専守防衛を逸脱する懸念が膨らむ。国力に見合った防衛力の在り方を、国会で徹底的に議論する必要がある。
中国新聞同性婚訴訟で「違憲状態」 権利保障へ法整備急げ
同性同士の結婚を認めていない民法や戸籍法の諸規定は憲法違反として、同性カップルたちが国に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁がおととい判決を言い渡した。
先進7カ国(G7)で認められていないのは日本だけだ。個人の幸福を最優先に考え、多様な家族を育める社会にしていくために、議論を先送りしてはならない。
日本農業新聞堆肥の広域流通 畜産の存在価値発信を
農水省が、堆肥の広域流通支援に本腰を入れる。飼料高騰に加え、地球温暖化や家畜福祉(アニマルウェルフェア)への意識の高まりで、畜産業は課題を抱える。
こうした価値を指導機関、地方自治体などが認識し、事あるごとに発信していくべきだ。畜産の存在意義を国内に定着させたい。
山陽新聞教団被害者の救済 新法の実効性に懸念残る
政府が、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡る被害者救済新法の法案を閣議決定し、国会に提出した。
被害防止と被害者救済に向け、早急な法整備が求められるのは当然とはいえ、政府や与野党は丁寧な議論を尽くすべきだ。確実に機能する仕組みを整えなければならない。
世界日報「同性婚」判決 迷走要因は現行法にあり
「同性婚」を認めないのは「合憲」だが、同性カップルが「家族」となるための法制度がないのは「違憲状態」という、矛盾とも受け取れる判決が東京地裁で出た。
社会の基礎的単位である家族を守るためにも憲法改正を訴えたい。
茨城新聞被害者救済新法 国会で柔軟に修正せよ
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の高額献金(寄付)問題を巡る被害者救済新法案が閣議決定された。
言葉どおり、それらと調和を図りつつ、被害防止・救済の実効性を確保してもらいたい。それが首相の責任だ。
秋田魁新報五輪談合事件 徹底捜査、うみ出し切れ
東京五輪・パラリンピックを巡る一般競争入札で談合が行われた疑いが強まった。
30年冬季五輪の札幌招致が進められているが、招致に力を注ぐ前に、JOCはじめ関係団体は不正の原因を検証し、二度と問題を起こさないような改善策を講じる必要がある。
山形新聞防衛力の財源 安易な負担増、許されず
岸田文雄首相は、防衛費が2027年度に国内総生産(GDP)比で2%に達するよう予算の増額を関係閣僚に指示、今年末に財源策を決定すると表明した。
防衛強化へ一層の負担を家計に求めることで、国力の中核である経済を損なうリスクを軽視してはならない。
福島民友新聞水産物と気候変動/漁業継続へ影響の解明急げ
各地で水揚げされる魚種が変わりつつある。気候変動に伴い、将来予測される漁業への影響を見据えた変化への適応が急務だ。
海や川などの恩恵を受ける消費者も省エネなどに取り組み、脱炭素を推進することが重要だ。
福島民報【県議任期残り1年】真価問われる課題対応
県議の任期は来年11月19日の満了まで1年を切り、県内各党は県議選へ動き始めた。党勢拡大に向け、候補者擁立などの調整作業が水面下で進む。
定例会の本会議は議場だけではなく、インターネットでも公開される。改選に向け、県民は県議会への関心を高め、各議員の姿勢や考えを確認していきたい。
福井新聞被害者救済新法 実効性確保へ修正柔軟に
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の高額献金(寄付)問題を巡る被害者救済新法案が閣議決定された。
言葉通り、そうしたものと調和を図りつつ、被害防止・救済の実効性を確保しなければならない。それが首相や政府の責務だろう。
山陰中央新報被害者救済新法 国会で柔軟に修正せよ
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の高額献金(寄付)問題を巡る被害者救済新法案が閣議決定された。
言葉どおり、それらと調和を図りつつ、被害防止・救済の実効性を確保してもらいたい。それが首相の責任だ。
高知新聞【救済新法案】議論重ねて実効性高めよ
家族の困窮や人権侵害も指摘され、救済と被害の未然防止が求められている。国会での法案審議を通してその質を高めていきたい。
首相は、日本の法体系の中で対応できる限界を探る意思を示した。実効性のために法案の修正も排除しない柔軟な対応を求めたい。
佐賀新聞「被害者救済新法案」国会で柔軟に修正せよ
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の高額献金(寄付)問題を巡る被害者救済新法案が閣議決定された。
言葉どおり、それらと調和を図りつつ、被害防止・救済の実効性を確保してもらいたい。それが首相の責任だ。
東奥日報議論尽くし柔軟に修正を/被害者救済新法案
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の高額献金(寄付)問題を巡る被害者救済新法案が閣議決定された。
言葉どおり、それらと調和を図りつつ、被害防止・救済の実効性を確保してもらいたい。それが首相の責任だ。
南日本新聞[馬毛島知事容認] 議会で納得いく説明を
鹿児島県の塩田康一知事は、西之表市馬毛島への米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)移転と自衛隊基地整備計画について容認する考えを県議会本会議で表明した。
基地建設を容認した以上、知事には県民の暮らしを守る覚悟が改めて求められることを忘れてはならない。
宮崎日日新聞技能実習制度見直し
外国人技能実習制度と特定技能制度の見直しを検討するため、政府は有識者会議を設置した。来年春をめどに中間報告をまとめたいとしている。
送り出し国が多いアジアでは経済成長が進み、日本との賃金格差も縮まっている。労働力の穴埋めという認識を捨て、社会の一員として迎え入れる必要がある。
日刊工業新聞内部留保530兆円 業績堅調な企業は賃上げ推進を
財務省が1日発表した7―9月期の法人企業統計調査によると、同期末の内部留保(利益剰余金)が前年同期末比で11%増の530兆円と大幅に増え、過去最高を更新した。
好業績企業の賃上げを起点に、経済の好循環を早期に回す必要がある。
薬事日報ゾコーバの命運かかる市販後育薬
塩野義製薬の新型コロナウイルス感染症経口治療薬「ゾコーバ錠」が緊急承認された。
今後の臨床現場での評価によってゾコーバの価値が決まる。正式承認か承認取り消しか、その真価はこれからの適切な育薬にかかっている。
中外日報温暖化防止への行動 宗教問題としての環境保護(11月30日付)
気候変動・地球環境問題は全世界的な喫緊の課題である。
こうしたメッセージが、我が国の宗教信仰者にも広く受け入れられ、世論を、さらに政治を動かすものになることを願ってやまない。
陸奥新報世界エイズデー「正しい情報の積極的発信を」
世界保健機関(WHO)は、1988年、エイズ(AIDS・後天性免疫不全症候群)のまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的に、12月1日を「世界エイズデー」と定めている。
若年世代が自身と周囲の大切な人を守るためにも、正しい知識にアクセスできる環境を大人が積極的に構築していくことが求められる。
繊研新聞タイならでは
3年ぶりにタイに出張している。コロナ禍前は年に約4000万人の外国人が訪れた観光大国で、7月に入国規制が緩和され、10月からは完全撤廃された。
経済成長ではベトナムなどに劣るかもしれないが、産業の多様性や様々なネットワークなどタイならではの強みがまだある。
科学新聞2022年12月2日号
日本には、マネジメント人材のプロフェッショナルが少ない。
マネジメント人材に向いているかどうかは実践の中でしかわからない。そうした経験を多くの若手が経験することで、様々な分野のマネジメント人材が育成されることを期待したい。
ニッキンNISA拡充は利用者目線で
投資信託や株式などの運用益にかかる税金が免除されるNISAが、利用者目線の使いやすい仕組みに近づく。
国民の投資行動を大きく変えるためには、最後まで利用者目線の政策決定に徹するべきである。2022.12.2。

この記事へのコメント

2022年12月02日 22:18
重婚を合法化して上級市民が重婚して人口増を図ってはどうか?
無理な場合非嫡出子差別は違憲という法律を作ってくれればいい
どうせ一般市民は一対一でも結婚したがらないんだし