原因が特定していないのに断定的なタイトルにしますか?

京都新聞の「機能性表示食品 業者任せが被害招いた」をピックアップ。

 「紅こうじ」の成分を含むサプリメントの健康被害問題に端を発し、機能性表示食品制度に対する信頼が大きく揺らいでいる。
 事業者の責任で届け出れば認められる手軽さの陰で、食の安全が軽視されていたのではないか。
社説の中では断定的な物言いはしていないが、タイトルは「業者任せが被害招いた」と断定していますね。
「業者任せが被害招いた」と一文字付けるかどうかで、全く違う。
証拠もなく断定することをマスゴミはよくするのでしょうね。

今日の社説:一覧

新聞社説
要約
朝日新聞子ども法案 支援金への疑問直視を
「子ども・子育て支援法等改正案」が、きょうにも衆院を通過する。政策拡充の財源として新設する支援金制度について、政府は数多くの疑問に答えないままだ。
しかしいずれも、安定的な財源と言うには疑問が大きい。野党の力量も問われている。
朝日新聞水俣病の救済 国は被害者と協議せよ
大阪、熊本、今回の新潟の三つの地裁の判決は、水俣病の救済策から取り残されたままの被害者が少なくない現実を明らかにした。
国は、2度にわたり政治決着を掲げてきた、そのメンツから裁判にこだわるのではなく、いまだに救済を尽くせていない責任を直視せねばならない。
毎日新聞遮断機のない踏切 事故防ぐ取り組みが急務
痛ましい事故が繰り返されることがないよう、早急に手立てを講じるべきだ。群馬県高崎市の上信電鉄の踏切で今月、9歳女児が電車にはねられ、亡くなった。
鉄道の高架化や、道路との立体交差化は、費用などの面でハードルが高い。利便性も考慮しながら、地域で関係者が話し合い、実情に合った安全対策を着実に進めていく必要がある。
毎日新聞NATO創設75年 世界の安定支える同盟に
世界が混迷を深める中、どのような役割を果たすことができるのか。創設75年を迎えた北大西洋条約機構(NATO)が正念場に立っている。
NATOには、ロシアの侵攻によって揺らいだ国際秩序を立て直し、世界の安定に寄与することが求められる。
東京新聞円安の深刻化 春闘の成果が台無しだ
外国為替市場で円安に歯止めがかからず、家計は物価高騰により深刻な打撃を被っている。
今月下旬の日銀金融政策決定会合でも再利上げを念頭に、暮らしに寄り添う議論と決断を期待したい。
東京新聞トランプ氏公判 圧力に抗い毅然と裁け
11月の米大統領選に立候補している共和党のトランプ前大統領が不倫口止め疑惑に絡む事件で、ニューヨーク州地裁の公判に出廷した。
司法が毅然とした姿勢で臨むのはもちろん、保守、リベラル双方が納得できる判断理由を示す努力を続けなければ、その権威や信頼が失墜することは避けられまい。
読売新聞年金制度改革 老後の困窮をどう防ぐのか
公的年金は老後の暮らしを支える基盤であり、高齢者の困窮を防ぐ役割も担っている。生活に必要な年金水準を維持できるよう、適切に制度を見直していくことが大切だ。
労働力人口の減少は深刻だ。意欲のある高齢者の就労を後押しするため、減額の条件の緩和などの措置を講じていく必要がある。
読売新聞露占拠の原発 安全確保へ世界が監視強めよ
原子力発電所への攻撃は、大惨事を招きかねない極めて危うい行為だ。国際社会が、警告と監視を強めねばならない。
安全性を保つためには、人員の増員などを検討すべきだろう。日本を含む国際社会は、事故が起きれば取り返しがつかない事態になると、ロシアに粘り強く訴えることが重要だ。
読売新聞ストーカー対策 加害者を治療につなげるには
執拗(しつよう)なストーカーの被害が後を絶たない。殺人などの重大事件に至ることもある。
そうした感情に陥らないよう、普段から本を読んだり、文章を書いたりして、内省を深めることが重要だ。学校や家庭での情操教育の大切さを再認識したい。
産経新聞首相の訪米報告 危機認識をもっと伝えよ
岸田文雄首相が衆院本会議で米国訪問に関する報告を行った。
自民党、公明党、日本維新の会、国民民主党は訪米を評価した。国民民主の玉木雄一郎代表が、能動的サイバー防御関連の法案が未提出であることを問題視したのはもっともである。
産経新聞玄海町の文献調査 実現を期待し見守りたい
原子力発電で生じる高レベル放射性廃棄物(HLW)の最終処分場探しの第1段階である「文献調査」に向けた動きが佐賀県玄海町で起きている。
HLW処分の実施主体・原子力発電環境整備機構(NUMO)と経済産業省には町議会での審議に資する諸情報の提供に総力を傾注してもらいたい。
日本経済新聞単身高齢者を支える社会の基盤づくりを
家族の「縮小」が止まらない。国の推計では1世帯あたりの平均人員は2033年に1.99人と初めて2人を割り込む見通しだ。
地域とのつながり、さまざまな人との交流は、高齢期の暮らしを豊かにする。自ら工夫するとともに、もしもに備えて早くから自らの情報や意向をまとめておくのも大切になる。
日本経済新聞米大統領は保護主義に走るな
11月の米大統領選は保護主義を競い合う場なのか。バイデン米大統領が打ち出す自国の鉄鋼産業を守るための措置に、憂慮を覚えざるを得ない。
それは先行きが不透明な世界経済の動揺を招く。両氏には最大限の自制を求めたい。
東亜日報「全部持ってきてもいい」、堂々と国会を独占するという共に民主党
最大野党「共に民主党」で第22代国会常任委員長の配分を巡り、強硬な主張が殺到している。
民主党が国会を自分の思い通りに運営しようとするならば、尹錫悦(ユン・ソクヨル)政府に対し、「傲慢と独善」と批判したことが民主党にブーメランとして戻ってくるだろう。
朝鮮日報6・25戦争当時の韓国軍を加害者とした虚偽、「北朝鮮軍に虐殺された宗教家は1700人超」と正すべきだ
6・25戦争を前後して北朝鮮軍やパルチザン、左翼勢力により1700人以上の宗教家が虐殺されていた事実がはじめてわかった。
偽りの真実は今からでも一つずつ正していかねばならない。
琉球新報PFAS濃度の厳格化 国民納得の基準設けよ
発がん性が指摘されている有機フッ素化合物(PFAS)について、米国の環境保護局(EPA)は飲み水の濃度基準を決定した。
目標値の据え置きでは国民の不安を解消するどころか、理解も得られないはずだ。海外の動向を注視しながら、国民が納得できる明確な基準を設けてもらいたい。
沖縄タイムス国スポ見直し 負担直視し改革を急げ
全国知事会長を務める宮城県の村井嘉浩知事が、開催自治体の負担が大きいとして「国民スポーツ大会(旧国民体育大会)の廃止も一つの考え方」と述べたことをきっかけに、全国の知事から意見が飛び交い、議論が活発化している。
国スポ2巡目の最後を飾る沖縄大会は34年開催予定だ。議論を深め、改革に取り組まなくてはならない。
しんぶん赤旗こども誰でも通園/看板倒れで危険な政策改めよ
「親の就労にかかわらずすべてのこどもの育ちを応援する」―こんな看板を掲げて、政府は「こども誰でも通園制度」を創設しようとしています。
保育士の配置基準を抜本的に改善し、専用の保育室を確保し、親の就労にかかわらず公が責任を持つ保育施設に入れる体制をつくるべきです。
公明新聞ギャンブル依存症 日本でも社会問題に。対策充実を
人生を壊し、取り返しのつかない事態を招くギャンブル依存症の怖さを改めて見せつけられた。
政府は依存症対策として、相談や治療体制を強化する予算を毎年計上しているが、十分でないとの声もある。依存症患者を支える人たちの支援も含め、対策を推進していきたい。
社会新報在宅介護の危機~訪問介護報酬の抜本的引き上げを
(社会新報4月25日号3面より)「もう訪問介護事業を継続できない」。
大軍拡予算を削減し、暮らし・社会保障に予算を回し、介護保険料・利用料の軽減と、介護報酬の抜本的な引き上げを実現しなければならない。
信濃毎日新聞陸自「大東亜」発言 根の深い深刻な問題だ
陸上自衛隊第32普通科連隊(さいたま市)が公式X(旧ツイッター)で「大東亜戦争」との表現を使い、批判を受けて削除した。
軍事を民主政治が制御する文民統制は、行政府と国会の役割だ。自衛隊員の教育のあり方、文民統制から逸脱する行為に対し厳しく監視しなくてはならない。
信濃毎日新聞グーグル行政処分 巨大ITの独占どう防ぐ
インターネット検索サービス大手の米グーグルが、公正取引委員会の行政処分を受けることになった。
日本でも現在、公取委が新たな巨大IT規制法案の提出を目指している。公正な市場づくりへ、知恵を絞っていく必要がある。
京都新聞裏金と地方議会 忖度せずに声を上げよ
国民の信頼を裏切った自民党の裏金事件は、政治全体への疑念を巻き起こしている。地方議員も自らの問題として向き合い、国政を突き動かす声を上げてほしい。
税金を原資にした政党交付金や報酬を受け取る以上、カネの出入りをガラス張りにし、企業・団体との癒着を招くカネ集めパーティーは国、地方とも禁じるべきだ。
京都新聞機能性表示食品 業者任せが被害招いた
「紅こうじ」の成分を含むサプリメントの健康被害問題に端を発し、機能性表示食品制度に対する信頼が大きく揺らいでいる。
健康食品を摂取すれば、ただちに健康になるわけではない。消費者も確かな選択の目を持ちたい。
新潟日報新潟水俣病判決 恒久的な救済一刻も早く
被害者全員の救済への扉は開かなかった。高齢で体に痛みを抱えながら長年闘ってきた原告らの気持ちを思うと切ない。
被害者は高齢化している。一刻も早く救済の道を広げるよう国は動かねばならない。
西日本新聞ガソリン補助 時限措置まだ続けるのか
ガソリンや軽油などの価格を抑える補助金をいつまで続けるのか。富裕層や好業績企業も対象となるばらまきは、早急にやめるべきだ。
この時期を狙って、衆院解散・総選挙に打って出るとの観測もある。期限なきガソリン補助延長を政権維持の手段にしてはならない。
北海道新聞アイヌ民族の先住権 世界見据え議論深めたい
十勝管内浦幌町のアイヌ民族団体が、道知事の許可を受けずにサケ漁を行う権利の確認を求めた行政訴訟で、札幌地裁は請求を退けた。
民族の尊厳を守り、多様性を尊重する社会を一層構築していく必要がある。そのためにも、先住権の議論を実りあるものにしていかねばならない。
河北新報災害と「受援力」 支援受ける体制を整えよう
甚大な災害が発生した際、被災地にはさまざまな支援が届く。救援物資が送られ、自治体の応援職員やNPO、ボランティアが駆け付ける。
能登半島地震では、石川県内に官民の調整役となる中間支援組織がなく、混乱の一因になったという指摘もある。教訓として胸に刻み、次の災害に備えたい。
静岡新聞災害用トイレ車両 県内市町に配備促進を
能登半島地震で被災した石川県の奥能登地域で、富士市と西伊豆町が導入した「トイレトレーラー」など、全国の自治体が派遣した災害用トイレ車両が活動している。
公助に加え、あくまでも自助としての携帯トイレ、簡易トイレの家庭備蓄が不可欠だ。災害用トイレ車両を活用して排せつの重要性を訴えることで、自助の備えも徹底していきたい。
神戸新聞世界パラ陸上/共生社会に向けた大会に
神戸市須磨区のユニバー記念競技場で5月17~25日に行われる世界パラ陸上競技選手権大会の開幕まで、1カ月を切った。
だが、まだ広く理解されているとは言い難い。世界パラ陸上の開催を、私たち一人一人が障害者の人権を考えるきっかけにしなければならない。
中国新聞愛媛・高知で震度6弱 防災意識、高めなくては
17日夜に愛媛、高知両県を中心に大きな地震が起きた。今の震度階級になった1996年以降、四国で震度6弱が観測されたのは初めて。
それがおとといの原子力規制委員会の会合まで報告されなかったことは不誠実だ。原発を抱える電力各社は肝に銘じるべきだろう。
日本農業新聞ユニバーサル農園 多様な農業者 育む場に
国籍や年齢、性別、障害の有無などに関わらず、誰もが農業に参加できる「ユニバーサル農園」が広がってきた。
同農園への理解者を増やし、あらゆる人たちを排除することのない包摂的な共生社会を目指そう。
山陽新聞下石井公園の芝生 まちなか活性化に生かせ
岡山市中心部の下石井公園に天然の芝生を張る市のリニューアル事業が今春完成した=写真。
西川緑道公園やハレまち通りなどと合わせて人を呼び込む魅力を増やし、まちなかの回遊性を高めたい。
世界日報元通訳の訴追 身の破滅を招いた違法賭博
米連邦検察は、銀行詐欺容疑で米大リーグ、ドジャースの大谷翔平選手の通訳だった水原一平容疑者を刑事訴追した。
罪を償うとともに医療や福祉の力を借りて更生し、二度とギャンブルにはまることがないようにしてほしい。
茨城新聞県内水道の耐震化 急げ浄水場、老朽管の改修
能登半島地震の被災地では今も断水が一部で続いている。老朽化した水道管が各地で破損し、復旧作業が追い付かないためだ。
各家庭でも震災時の断水を想定し、飲料水や生活用水の備蓄に努めたい。
秋田魁新報知事4期目、残り1年 若者定着に全力挙げよ
佐竹敬久知事の4期目の任期が、きょう19日で残り1年となる。任期満了をもって退任する考えを表明しており、佐竹県政は総仕上げの段階に入る。
県のトップとして、どう考えるのか。市民、県民へ丁寧に分かりやすく説明することが欠かせない。
山形新聞クマ、指定管理鳥獣に 「すみ分け」へ対策急げ
ヒグマやツキノワグマによる2023年度の人的被害が過去最多を記録するなど、生息地域の拡大が問題を引き起こしている。
一方、山菜採りや登山などで生息地域に入る場合は、不用意な遭遇を避けるため鈴を鳴らしたりラジオの音を大きくしたりして、できるだけ人の存在を知らせる自衛策の徹底が不可欠だろう。
福島民友新聞育成就労/選ばれるための環境整えよ
政府が、技能実習に代わる外国人材受け入れの新制度「育成就労」創設に向けた技能実習適正化法と入管難民法の改正案を国会に提出した。
国は、外国人労働者の地方への定着をどう後押しするかが問われている。
福島民報【保護司の不足】持続可能な制度に
犯罪や非行からの立ち直りを支援する保護司のなり手不足が深刻だ。企業が定年を延長したり、地域の結び付きが薄れたりしていることなどが背景にある。
社会的な信望、生活の安定などの要件は前提としつつ、志と熱意のある人が広く関われる制度になるよう期待したい。
福井新聞敦賀のふるさと納税 頼らぬ財政で変化に備え
ふるさと納税額全国8位の敦賀市で、寄付額に依存しない財政運営に向けた検討が進められている。ふるさと納税制度は不確実な要素が多く、額が安定しないのが理由。
積極的に情報を公開し、市民の理解を得ながら進めたい。
高知新聞【震度6弱地震】当面は最大限の警戒を
深夜、スマートフォンが知らせる緊急地震速報の警報音と大きな揺れに、南海トラフ地震がよぎった県民も多かったのではないか。
備えておくべき課題は多い。当面の警戒と同時に、「南海トラフ」への意識も高めておきたい。
佐賀新聞新潟水俣病判決 「二重基準」の解消を
水俣病の被害を訴える新潟市などの149人が国と原因企業の旧昭和電工(現レゾナック・ホールディングス)に損害賠償を求めた訴訟で、先行して結審した47人について判決があり、新潟地裁は26人を水俣病と認定し、旧昭和電工に賠償を命じた。
半世紀以上にもわたり、差別や偏見にさらされながら、水俣病に苦しめられてきた人たちへの救済はどうあるべきか、国はいま一度、考えてみる必要がある。
東奥日報支援対象絞り効率化せよ/ガソリン補助金延長
ガソリン補助金の出口が見えない。4月末に期限を迎えるが、政府は7度目の延長を決めた。
ガソリンの巨額補助金の見直しは、財政資金の公平で有効な使い道を考えることにほかならない。
日刊工業新聞日米韓・G7財務相会議 過度な円安けん制も効果は限定
日米韓3カ国の財務相会合が18日(日本時間)、米ワシントンで初めて開かれた。
円安による輸入原材料の高騰は中小企業を直撃する。円滑な価格転嫁を実現したい。
薬事日報地域薬剤師会、受け身から脱却を
2025年の地域包括ケアシステム構築に向け、地域薬剤師会の力量が試されている。
薬剤師会は地域医療を支えるために欠かせない存在である。積極的な意識を持ち、成功例を導き出してほしい。
中外日報アカデミー賞2作品 核問題への深い洞察必要(4月17日付)
米アカデミー賞で作品賞などを受けた「オッペンハイマー」と日本の「ゴジラ―1.0」がロングラン上映を続ける。
受賞したのが「視覚効果賞」のただのエンターテインメントと言えばそれまでだが、いのちに寄り添うべき宗教者には深読みも必要だろう。
八重山日報反対のための反対は不毛だ
防衛省がうるま市で計画していた自衛隊の新たな訓練施設に地域住民の反対運動が起きていた問題で、木原稔防衛相は、施設建設を断念すると発表した。
知事の姿勢は、今後予想されるあらゆる自衛隊施設の計画に対し、不毛な「反対のための反対」運動を助長しかねない。憂慮を感じる。
科学新聞2024年4月19日号
いま生成AIに多くの関心が集まり、様々な話題が報道されている。
そのような状況を背景に、けいはんな学研都市のATR(国際電気通信基礎技術研究所)は、ヒューマノイドロボットに搭載するAIの研究環境を今年3月に整備した▼世界初の試みとして、人がスケートボードなどのスポーツを行う時の脳波・筋電・モーションキャプチャなどのデータを収集し、ヒューマノイドロボットによる学習実験を並行・連携して行える「ロボットスケートパーク」と呼ぶ環境である▼NEDO委託の「人と共に進化する次世代人工知能に関する技術開発事業」で、ATRが敷地内のロボット実験棟内に整備したもので、これを活用し、実環境で人と共に学びながら協働作業ができるAI搭載ヒューマノイドロボットの実現に向けて、ATRは京大、産総研と共同研究を進める▼搭載用AI「サイボーグAI」の基本技術開発と、そのサイボーグAIの持つ俊敏な身体制御能力(身体性)と瞬間的な判断能力(実時間意思決定能力)を評価する研究が目標である▼ぜひとも、人を凌駕してひたすら進歩するだけのAIではなく、この事業方針にある、”人と共に進化する”AIを開発し、人を支えるための賢いロボットを実現する研究を進めてほしいと思う。
ニッキン信託ソリューション発揮の好機
政府が掲げる資産運用立国やアクティビスト(物言う株主)の増加を背景に、信託業界に対する期待が高まっている。
信託各社は知恵を絞ってほしい。2024.4.19。
太平洋新聞迅速な復興へ 登記推進を
今年元日に発生した能登半島地震の被災地では、全壊や半壊と判定された家屋の公費解体工事が進められる中、所有者を特定できない空き家の解体が課題となっている。
一方で、住民もこの機会に自分の住んでいる家や実家などの登記がどのようになっているのかを確認し、相続登記を進めることが大切になる。

この記事へのコメント