"記事論評"の記事一覧

新聞は印象操作の為に悪意あるサムネイル画像を使うか?

大手新聞・通信社で「書類送検」の記事にもかかわらず、関係のないサムネイル画像(例えば「パトカー」)を使っているか調べました。 Bingで次のように検索(毎日新聞の例)して出てきた記事のサムネイル画像を確認しました。 「intitle:書類送検 site:mainichi.jp」 ※既に逮捕されている人の記事でパトカーの画像が使われているものは「パトカー」に分類していない。  「警視庁/警察」は、警視庁・警察の建物である場合に該当する。 毎日新聞『「Colabo」への名誉毀損疑い 「暇空茜」名乗る男性を書類送検 | 毎日新聞』 毎日新聞の結果については、以下を参…

続きを読む

毎日新聞は印象操作の為に悪意あるサムネイル画像を使う

毎日新聞が「Colabo」関連で暇空茜氏が書類送検された記事のサムネイル画像をパトカーにしているという話を知りました。 逮捕されたわけではないのに悪意のある行為ですね。 以下のツイートは毎日新聞のツイートだけを見ているので、毎日新聞のサイトで調べるどうでしょうか? FYI.twitterの検索窓で、"from:mainichi 書類送検" で検索すると毎日新聞が書類送検でどのような画像を使ったがわかる。代表的な例だと、警視庁外観か警視庁の看板。2019年まで翻ってチェックしてみたが、パトカーを使った例は今回が初めてであった。… https://t.co/JVDm…

続きを読む

「国際デマ屋(自称国際ジャーナリスト)」に騙されるな!

『【緊急寄稿】能登半島地震・裏金・芸能スキャンダル…大ニュースの裏で仕掛けられる「ショック・ドクトリン」に騙されるな!|堤未果のショック・ドクトリン|堤未果 - 幻冬舎plus』という記事を見つけたのでツッコミます。 これは過去散々デマを流した堤未果氏の記事ですが、今回はどうでしょうか(というか、私の記事のタイトルで答えを言ってしまっているが)。 準備体操テロや自然災害、戦争に芸能人のスキャンダルなど、ショックな事件で国民が思考停止したその隙に、普段なら反対されるような政策を一気に導入し、社会を作り変え、政府とお友達企業が利益を手にする手法、「ショック・ドクトリン」です。これ以降…

続きを読む

「コシヒカリ環1号」と「あきたこまちR」なぜ今、デマで邪魔する?

『「コシヒカリ環1号」と「あきたこまちR」なぜ今、放射線育種で米を作る?:週刊金曜日』(印鑰智哉)という記事があったのでツッコミました。 これは、あきたこまちRについて、難癖を最初に付けた印鑰智哉氏の記事です。 では見ていきましょう。 ×広がった、〇広げた放射線育種とは? この問題が知られ始めると、誤解と混乱が広がった。原因の一つは、農業・食品産業技術総合研究機構が用いる「放射線育種」という言葉にある。放射線をかけてタネを育てた稲と勘違いして「放射線が出るコメ?」などの誤解が広がった。「誤解と混乱が広がった」ではなく、あなたが率先して「誤解と混乱が広げた」のでしょ? マッチ…

続きを読む

スフィア基準の禁を余裕で犯す朝日新聞

令和6年能登半島地震に関するおかしな社説をまとめようと見ていたら、朝日新聞の「能登地震1週間 長期化も見据え対策を」を見つけてしまった。 その中で次のように書かれていました。 災害や紛争での人道支援のため国際赤十字などが策定した「スフィア基準」という指標がある。居住空間は1人最低3・5平方メートル▽トイレは20人に1基――などだ。日本の避難所は多くの点で基準を下回り、特に女性の視点が欠けているとの指摘は根強い。「スフィア基準」って初見でしたが、100点でなければ0点とする朝日新聞の素晴らしいポリシーのもと持ち出された基準なのでは?と思い調べました。 ■参考文献 ・スフィア基準の概要…

続きを読む

紙の爆弾 危険な「マイナカード」とデジタル監視社会(堤未果)

「紙の爆弾 2023年10月号『危険な「マイナカード」とデジタル監視社会』」(堤未果)というのを見つけたのでツッコミます。 いつものようにデタラメ満載だと思いますが見ていきましょう。 やっぱり無知ですね免許証や保険証などの既存のIDと次々に統合しているのは、最終的にはこれ一枚を電子パスポートのような形で使っていくことを目指しているからです。さすが「前に筆者がクレジットカードのハッキングにあった時」と間抜けなことを「デジタル・ファシズム」という本に書くだけありますね。 ※クレジットカードのICカードは書き換えできないので、「カード」にハッキングしようがないのです。  参考「IC…

続きを読む

子どもを壊す食のデマの闇③ ゲノム編集

「子どもを壊す食の闇」(山田正彦)を読みました。 「第三章 ゲノム編集食品が日本市場を席巻する」にツッコミます。 さっそく間違っているね狙われる学校、ゲノム編集されたトマトが学校へ 多国籍アグリ企業が、遺伝子組み換え食品に次いで拡大を目論んでいるのがゲノム編集食物です。ゲノム編集とは、特定の遺伝子をピンポイントで切断することで、生物の特徴を変えてしまう技術のことです。 すでに日本で販売されている“ギャバ”という名のトマトは、国の助成を受けて筑波大学で開発が進み、2021年9月からサナテックシード社がウェブサイトで販売しています。 同社は、ゲノム編集を利用して品種改良された種…

続きを読む

農薬と発達障害を関連付けて国会で発信する人

農薬が発達障害の原因であると流布する人達がいます。 国会会議録検索システムにて「農薬 発達障害」をキーワードで検索して、どのような発言をしているか調べました。 なお日本政府はどう言っているかというと、国会でも発言している長妻議員の質問主意書に次のように返しています。お尋ねの「ネオニコ系の農薬の使用と自閉症や広汎性発達障害との関係」については、政府としては、その因果関係は確認されていないと考えている。 ■立憲民主党 長妻昭 第208回国会 衆議院 厚生労働委員会 第15号 令和4年4月20日ネオニコチノイド系殺虫剤の話でございます。後者は有機リン系殺虫剤の話でござい…

続きを読む

子どもを壊す食のデマの闇② ローソンの敵になる

「子どもを壊す食の闇」(山田正彦)を読みました。 「第二章 表示が消される食品添加物」にツッコミます。 着色料一例をあげると、イギリスで2007年、合成着色料のタール系色素が「子どもの多動性行動に関係している」という調査結果が出て、EUでは食品メーカーに警告表示を義務付け、自主的に使用を中止するよう勧告しています。子どもの発達障害が増加している背景には、農薬や添加物が影響している可能性がある、と考えられているからです。デマ屋の文章に正確性を求めるだけ無駄なのですが、読んでイライラしますね。 赤字の部分は誤りで、下線の部分はミスリードです。 この話を時系列にならべて正し…

続きを読む

デマにより「食と農業の悲劇的な最終幕」を引きたい輩

「紙の爆弾」という雑誌の『放射線育種米交配種「あきたこまちR」が開く食と農業の悲劇的な最終幕』という記事を見つけたのでツッコミます。 この記事の著者は小林蓮実という方で、初めて見る人ですね。あの悪名高い「週刊金曜日」にも寄稿しているそうです。 カドミウムの吸収を抑えたあきたこまちRに対する風評加害なのだろうが、実際に読んでみないと判断できないので見ていきましょう。 「あきたこまちR」という名前を聞いたことがあるだろうか。今後の食の安全農業を変えてしまうかもしれないといわれているのが、この「あきたこまちR」が内包する問題だ。これは最初の二文です。 良い方向に変えることは「問…

続きを読む