出入国制限緩和の第一号は台湾でしょ

産経新聞の「出入国制限緩和 なぜ台湾を含めないのか」をピックアップ。 新型コロナウイルスの水際対策として、111国・地域の入出国制限を課していたが、ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドを緩和させるそうです。 日本政府の対応には極めて疑問な点がある。最初の往来の対象になぜ台湾を含めないのか。 台湾は中国の隣に位置するにもかかわらず、迅速に新型ウイルスを封じ込めた。世界の模範といっていい。日本政府は5月の世界保健機関(WHO)の総会で台湾の対応を高く評価していた。  台湾を対象にしなかったのは中国の反発を恐れたからだろう。忖度(そんたく)もいいかげんにしてほしい。感染…

続きを読む

出生前診断について議論を尽くす必要はない

産経新聞の『出生前診断 「命の選別」に議論尽くせ』をピックアップ。  日本産科婦人科学会は昨年、実施施設の要件を大幅に緩和する方針を打ち出したが、複数の学会が安易な拡大に反対していた。 ・・・・当事者の決断は尊重すべきであるが、出生前診断が現行の母体保護法では認められていない「胎児の異常を理由とする中絶」を強く誘導していることは、否定できない。ほう。「胎児の異常を理由とする中絶」は禁止されているのですね。 母体保護法の第十四条のことですね。 以下引用します。(医師の認定による人工妊娠中絶) 第十四条 都道府県の区域を単位として設立された公益社団法人たる医師会の指定する医師(…

続きを読む

日本を守る気がまるでない日本の新聞社の数々

イージスアショア計画が停止となったが、その代替として敵基地攻撃能力に関する話が上がっている。 敵基地攻撃能力について、各紙が社説でどう言及しているか調べました。 ■東京新聞 敵基地攻撃能力 専守防衛を外れぬよう  そもそも自衛隊は専守防衛の装備体系を有し、敵基地攻撃能力を新たに持つには、長距離巡航ミサイル、ステルス戦闘機の取得や、敵基地の場所を把握する情報収集態勢の強化など防衛費の膨張が避けられない。敵基地攻撃能力って、ステルス戦闘機で敵基地まで侵入するって言うの? ステルス爆撃機ならいざ知らず。ステルス爆撃機だって単独で出撃なんてあり得ない。 そもそも、ステルス戦闘機ならF-…

続きを読む

不法滞在を許容する朝日新聞

朝日新聞の「入管長期収容 異様な状況を改めよ」をピックアップ。  不法滞在などを理由に強制退去の処分をうけた多くの外国人が、入管施設に長期間収容されたままになっている問題にどう対処するか。法相の私的懇談会のもとに置かれた専門部会が提言をまとめた。 ・・・・  長引く理由として出入国在留管理庁は、難民認定の手続き中は送還できないとする規定があり、申請を繰り返す者が多いからだと説明する。そこで提言は、認定されなかった人が新たな事情がないまま再申請した場合などは、送還可能とすることを検討するよう促した。不法滞在ならさっさと強制送還すればいいだけですな。その提言通り実施すれば良い。 しか…

続きを読む

「わかりやすい種苗法改定Q&A」ではなく「間違った種苗法改定Q&A」

鈴木宣弘東京大学教授の記事へのツッコミです。 『わかりやすい種苗法改定Q&A【鈴木宣弘・食料・農業問題 本質と裏側】』 Q 種苗法改正案は、種子のいわば著作権を守るためのものだといいますが、どんなものなのでしょうか? A:種苗法は、植物の新品種を開発した人が、それを利用する権利を独占できると定める法律。ただし、農家が利用するのはOK、自由に自家採種してよいと認めてきた(21条2項)。登録品種でも許可が必要なものが改正前から存在しています。 順次増やす対応をしていました。 そのため、教授の回答は適切な表現ではありません。 確かに、平昌五輪でイチゴの種苗が無断で流出してい…

続きを読む

新聞・TV・雑誌・学者が科学的に正しい事を発信するとは限らない

「メディア・バイアス~あやしい健康情報とニセ科学~」を読みました。 Twitterでフォローしている松永 和紀さんの本です。 ちょっとした科学的リテラシーと論理的思考があれば、判別できる事象が沢山記されています。 最後に「科学情報を見破る十カ条」というのが書いてありました。 その紹介とコメントを書きます。  1.懐疑主義を貫き、多様な情報を収集して自分自身で判断する    ⇒大学教授・新聞などが正しいことを言うとは限らない。     具体的な例を以下に示します。     ・種苗法改正で誤り・ミスリードさせる発言をする東大鈴木宣弘教授     ・種苗法改正について…

続きを読む

己の主張と反する結果に「これが民主主義なのか」とかみつく東京新聞

東京新聞の「住民投票案否決 これが民主主義なのか」をピックアップ。 日本原子力発電東海第二原発再稼働の賛否を問う県民投票条例案が、茨城県議会で否決されたことに対して、東京新聞が怒っています。 県民の不安に目をつむり、耳をふさいだ県議会。これが民主主義なのか。不安なんて測定できない尺度を持ち出して文句を言うのはアホですね。 茨城県の有権者は170万人弱で、署名した人は9万人で、1/10にも満たないものを民意と言いますか? 国民投票にかけてEU離脱となってしまったイギリスを見ればわかるように、民衆の知識レベルは議員に劣ります。 何でもかんでも住民投票をすれば良いと言うものではな…

続きを読む

都知事選立候補者、宇都宮健児氏の日弁連会長時代の素晴らしい声明

■新型インフルエンザ等対策特別措置法案に反対する会長声明 今回の新型コロナウイルス特別措置法案の基になる法案に対する反対意見です。 己のイデオロギー >>> 国民の命 とのことで、国民のことはどうでもよいという候補ですね。 ■秘密保全法制定に反対する会長声明 これも、「己のイデオロギー >>> 国民の命」ですね。 テロ万歳ですね。 ■卒業式の国歌斉唱時の不起立を理由とする元都立高校教諭の再雇用拒否を合憲とした最高裁判決に対する会長声明 公務員に職務上「教職員に君が代斉唱の際の起立・斉唱」させることに何が問題があるのだ。 嫌なら、私立に行けばよい。 ■死刑執行の…

続きを読む

憶測だけでコラムを書く鈴木宣弘東京大学教授

鈴木宣弘・東京大学教授の記事へのツッコミ第n弾(回数わすれました)です。 「新型肺炎に思う真のリーダーのあり方」 2020年3月23、 24日に新型肺炎が猛威を振るう中で行われた大学の卒業・修了式典に際して、3月22日に、研究室の卒業・修了生に贈った祝辞を若干編集して紹介したい。うわ~。文字として1800弱のこんな呪詛のような祝辞を聞かされた卒業生の方々、ご愁傷さまです。 ※私の指導教官(教授)は、政治的なことは全く言わなかった。教授の部屋に行くと朝日新聞のサイトをよく見ていたが。 以下は全て単なる憶測です。学者の発言としてあり得ない。 ・日本のトップは「東京五輪までは…

続きを読む