ラベル:ハンギョレ新聞

南北関係に対して真逆のことを言う、ハンギョレ新聞・朝鮮日報

ハンギョレ新聞『南北関係は「対敵関係」ではない、相手の立場から考えてみるべき』、 朝鮮日報『金正恩「南は敵」…そうでないときがあったのか』をピックアップ。 北朝鮮が韓国との通信を完全に遮断したと発表したことに関して、左派のハンギョレ、右派の朝鮮日報が社説を書いています。 朝鮮日報の記事を引用します。 ここまでして金正恩氏のご機嫌を伺った結果が「南は敵」だ。実際に北朝鮮の金氏政権にとって韓国が敵でなかったことはない。平和攻勢と柔和戦術は自分たちの必要に基づく戦略にすぎなかった。もしそうでなければ、韓国国民にしか使えない核兵器を開発するだろうか。あるいは軍艦を爆沈させ、民間人への…

続きを読むread more

反論するための論拠が無いので罵詈雑言でごまかすハンギョレ新聞

ハンギョレ新聞の『「ユン・ミヒャン問題」に乗じた「歴史歪曲」容認できぬ』をピックアップ。 反論する論拠が無いので、ただただ抽象的な言葉で文句を言うだけのハンギョレ新聞です。 中国・北朝鮮・しんぶん赤旗・感情的な時の他韓国紙と同じですが、酷いものです。 これが新聞の社説かと見まがうほどのフレーズ満載です。 新聞社説要約朝日新聞黒川氏辞職へ 政権の「無法」の果てにところが政府自身が過去に国会で、この規定は検察官には適用されないと答弁していたことが発覚。政権はさらに、検察幹部が役職定年や定年の年齢になっても、内閣や法相の判断で留任できるようにする検察庁法改正案を国会に提出し…

続きを読むread more

朝鮮半島の南北改善に主体的取り組むべき(byハンギョレ新聞)

ハンギョレ新聞の『「板門店宣言」2周年、防疫と鉄道で南北協力再開を』をピックアップ。 左派の与党が圧勝して、北朝鮮と繋がる鉄道を整備し始めた韓国。 それらに関する社説です。 北朝鮮の立場から見れば、韓国には不満があるだろう。だとしても、COVID-19防疫、離散家族再会など、人道分野での協力には前向きな態度を示すべきだ。北朝鮮は、離散家族とあ人道支援など望んでいません。 上層部を味方につけておくだけの金・モノが欲しいだけ。 ※「独裁者のためのハンドブック」を読むとその辺りの独裁者の論理が理解できるでしょう。 鉄道繋いだら、それこそ、瀬取りやり放題。韓国は幇助国だとみなされ…

続きを読むread more

日本の緊急事態宣言のために、韓国の総選挙に触れたのは産経のみ

韓国の総選挙をピックアップ。 昨日、全国に対して緊急事態宣言が出されたことで、相対的にニュースバリューが下がってしまった感じです。 日本の新聞では産経だけが扱っています。 ■産経新聞 ・文氏は日本に「未来志向の協力関係に向け努力しよう」と呼びかけはするが、関係修復に向けた具体的な行動は起こさない。 ・総選挙での与党の勝利をはずみに文氏が改めて強く融和に踏み出そうとすることだ。  残る任期の2年のうちに強引に足跡を残そうとするだろう ■ハンギョレ新聞 ・統合党は、深い省察と身を削る刷新なしに未来はないということを悟らなければならない。 ・政府の足を引っ張るだけでは、絶…

続きを読むread more

韓国、従北集団圧勝。絶賛ハンギョレと所得主導ダメとする中央日報

ハンギョレ新聞と中央日報をピックアップ。 「「文在寅政権」後押しした民意が野党を審判した」 「予告された歴代級の不況…経済危機克服にオールインすべき」 事前の調査だと野党(保守陣営)が善戦しているなって言っていたが、蓋を開けると与党(左派)の圧勝ですね。 左派のハンギョレと右派の中央の社説になります。 ハンギョレは「積極的な主権意識と成熟した市民意識で私たちは世界にもう一つの模範事例を作り出したわけだ。」と言っています。 中国の新聞とか赤旗みたいな感じだ。実際に測れないものを褒め称える。 赤字の部分、どうやったらそうであることを示せるのでしょう。 中央日報は、コロ…

続きを読むread more

北朝鮮のミサイルに触れているのはハンギョレのみ。途中まで書いていることまともなんだけど。。

ハンギョレ新聞の「北朝鮮はミサイル発射で緊張を高めるべきではない」をピックアップします。 タイトルを見る限りまとも。本文も最後以外はまとも。 最後の結論がおかしいのは、朝日新聞と一緒ですね。 「ドナルド・トランプ政府も年末の大統領選挙を口実に現状維持に力を入れるのではなく、現実的な協議案を作成し、朝米対話に乗り出すことを望む。」 非核化するか、しないかだから、協議のための協議なんてしても仕方がない。 「独裁者のためのハンドブック」ではないが、少数の盟友に金をあげられないところまで締め上げれば良いのです。 それまで制裁強化はあっても、緩和はありえない。 新聞社説要…

続きを読むread more

もっと見る