ラベル:人口減少

空き地に7%の罰金を科すっていいね【社説要約】

Irish Examiner(アイルランド)の社説をピックアップします。 罰金を科しているが、強制的に徴収する仕組みが無いっていう社説です。 日本でも導入した方が良いね(もちろん強制徴収の仕組みありで)。 更地より空き家の方が税率が低いから空き家増加に繋がっているはず。 空き家・空き地・耕作放棄地に罰金もしくは高い税率をかけるべきだね。 そうすれば、コンパクトシティ化も進むだろうし、農業の効率化にも繋がるだろうし、良い事ばかり。 世界の空き家対策: 公民連携による不動産活用とエリア再生 米山 秀隆 学芸出版社 2018/8/31 新聞社説要約朝日新聞(日本…

続きを読むread more

コンパクトシティでは無く、コンパクトタウン・ヴィレッジだ!

「世界のコンパクトシティ」を読みました。 コンパクトシティとは 読んでいて、何でこんなにつまらないのかと思い、「コンパクトシティ」を調べると、 コンパクトシティとは、都市的土地利用の郊外への拡大を抑制すると同時に中心市街地の活性化が図られた、生活に必要な諸機能が近接した効率的で持続可能な都市、もしくはそれを目指した都市政策のことである。 とあります。 自分が完全にコンパクトシティの意味を取り違えていました。 シティ=市(市全体人口が数万、中心街でも数千レベル)を想像していましたが、都市が対象なんですね。 都市と言ってどのレベルを想像するかは人それぞれですが、 札幌・仙台…

続きを読むread more

里山を守る必要は本当にあるのだろうか?【社説要約】

読売新聞が「里山の生物減少 身近な自然に忍び寄る危機」という社説をいるのでピックアップします。 加えてハンギョレが未だに輸出規制って言っている社説を書いていたのでそれも。 里山の生物減少 身近な自然に忍び寄る危機(読売新聞)  里山の変化は、人口減で林や田畑の手入れが行き届かなくなったことが影響しているとの指摘がある。地域の衰退が、自然環境に打撃を与えていると言える。  里山の適切な管理を続けていく努力が求められる。なんて書いています。 でもね、元々日本には人なんていなかったから、その時代は下草がきれいに刈られた林なんて珍しかったのでは? 確かに人が平地を占拠しているので…

続きを読むread more

人口減少こそ最大の環境対策だ!【社説要約】

出生数90万割れに関するのと福島原発の処理水について書きます。 (今日は良い具合に社説の内容がばらけました。) 出生数90万割れ 信濃毎日新聞、西日本新聞 がこの件について書いています。 社会保障制度を支える人が減るから、少子化対策をちゃんとしましょうって内容ですが、自分は賛成しませんね。 少子化Welcome! 人口増えすぎです。日本の人口はずっと2000万人程度であってキャパシティーオーバーです。 再生エネルギー100%にしてCO2排出を0%にしても、今の人口では環境問題は解決しません。 人口を減らすしかないのです(ガンダムの世界のように宇宙移民でもするなら別です…

続きを読むread more

もっと見る