ラベル:北朝鮮

金正恩は優秀なのか?イカれているのか?

「金正恩の実像」を読みました。  植民地時代の終盤、朝鮮人たちは学校や職場で日本名を名乗り、日本語を話すことを強要されてた。第二次世界大戦が始まると、男性は戦争を支えるために日本の工場や鉱山で働くことを強いられ、大日本帝国陸軍に徴兵された。また、少女を含む数万人の女性が、「慰安所」で日本兵への奴隷的な性サービスを強いられた。朝鮮半島発のプロパガンダをそのまま書いているのは、知識レベルが疑われますね。 赤字の部分は一部または全て誤りの部分です。 先代、先々代と同じく、彼は比較的小さなグループを通じて国全体を掌握する方法をとり、独裁者として生き残りを果たした。すべての民を気にかける…

続きを読むread more

南北関係に対して真逆のことを言う、ハンギョレ新聞・朝鮮日報

ハンギョレ新聞『南北関係は「対敵関係」ではない、相手の立場から考えてみるべき』、 朝鮮日報『金正恩「南は敵」…そうでないときがあったのか』をピックアップ。 北朝鮮が韓国との通信を完全に遮断したと発表したことに関して、左派のハンギョレ、右派の朝鮮日報が社説を書いています。 朝鮮日報の記事を引用します。 ここまでして金正恩氏のご機嫌を伺った結果が「南は敵」だ。実際に北朝鮮の金氏政権にとって韓国が敵でなかったことはない。平和攻勢と柔和戦術は自分たちの必要に基づく戦略にすぎなかった。もしそうでなければ、韓国国民にしか使えない核兵器を開発するだろうか。あるいは軍艦を爆沈させ、民間人への…

続きを読むread more

横田滋さんが亡くなったが、どうすれば奪還できると新聞社は言うか?

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父、横田滋さんが6月5日に亡くなった。 それに関して社説を各紙出しているが、どのようにしたら横田めぐみ達を奪還できるとしているかをまとめます。 新潟日報横田滋さん死去 会えぬ無念いかばかりか私たちも心を一つにし、被害者の一刻も早い帰国に向けて後押ししていきたい。精神論のみ。お話になりません。 北海道新聞横田滋さん死去 拉致被害者救出を急げ救出を願い続けた滋さんの遺志をつなぎ、一日も早く、すべての被害者の帰国を実現させなければならない。これもまた話にならない。 朝日新聞横田滋さん死去 悲劇を繰り返させまい 一方で安倍政権の側も、腰が定まって…

続きを読むread more

北朝鮮のミサイルに触れているのはハンギョレのみ。途中まで書いていることまともなんだけど。。

ハンギョレ新聞の「北朝鮮はミサイル発射で緊張を高めるべきではない」をピックアップします。 タイトルを見る限りまとも。本文も最後以外はまとも。 最後の結論がおかしいのは、朝日新聞と一緒ですね。 「ドナルド・トランプ政府も年末の大統領選挙を口実に現状維持に力を入れるのではなく、現実的な協議案を作成し、朝米対話に乗り出すことを望む。」 非核化するか、しないかだから、協議のための協議なんてしても仕方がない。 「独裁者のためのハンドブック」ではないが、少数の盟友に金をあげられないところまで締め上げれば良いのです。 それまで制裁強化はあっても、緩和はありえない。 新聞社説要…

続きを読むread more

新型肺炎、金正恩は3週間家にこもり、軍はマスクも無く白頭山登山【海外トップニュース】

海外の社説をまとめていましたが、途中でギブアップ。 だって、文学的文章で非常に読みにくく、そして、そこの文化がわからないと理解できないのだもの。 なので、社説はあきらめて、英語新聞のトップニュースを要約・一覧化することにしました。 先ずは、韓国の新聞5紙。 朝鮮日報の「50,000人の北朝鮮人が白頭山をトレッキング」をピックアップします。 新型コロナウィルスが(怖くて)金正恩は家にこもっている。 ※怖いかどうかは記事には書いていない。勝手な憶測。 でも、軍にはマスクも与えず雪山へ登山訓練。 北朝鮮と観光 礒﨑 敦仁 毎日新聞出版 2019/7/27 …

続きを読むread more

人質外交は朝鮮人の十八番でしょ?【社説要約】

久しぶりの朝鮮日報と朝日新聞をピックアップします。 人質外交は朝鮮人の十八番でしょ? 「今の米朝関係だと観光客はいつでも人質になり得る」という社説を朝鮮日報が書いていました。 必要に応じていくらでも事件を捏造(ねつぞう)し、誰でも人質にするのが北朝鮮だ。開城工業団地の職員を130日にわたり抑留したことも記憶に新しい。韓国政府はどのような対策を準備して北朝鮮の個人観光を進めようとするのだろうか。人のことはわかっても、自分のことはわからないらしい。 慰安婦だの徴用工などなど、いろいろ捏造していますよね。 日韓基本条約だって本来は日本が金をもらうところを、竹島海域で捕らえられた漁…

続きを読むread more

もっと見る