ラベル:原発

広域に影響する事象をある地域の民意だけで決めるべきではない

朝日新聞の「原発県民投票 民意を映す新たな道を」をピックアップ。 茨城県の東海第二原発再稼働に関して、住民投票で決めるべきだと朝日新聞は言っています。 エネ百科の図を引用していますが、住民の合意は法律で決められていません(図では明記していませんが)。 合意が無いより有った方が良いに決まっていますが、必須では無い。 そもそも、エネルギー政策など、ある一部地域の民意で決める話では無い。 沖縄で県民投票があったから、民意に従えというが、国防は沖縄県だけの話ではないので、ずべての民意を反映していない。 わかりやすい話は、洋上風力発電を設置するかどうか、長野県・岐阜県などにも間…

続きを読むread more

核燃料サイクルについて全くの誤りを書く東京新聞

東京新聞の「核燃再処理工場 もはや合理性がない」をピックアップ。 種苗法改正についても、間違いだらけだったが、この社説もひどい。 妄想だけで書いているのだろうか。 ただし規制委は、津波や地震などへの備えが、国の基準に沿うかどうかをみるが、安全のお墨付きではない。核燃料サイクルの合理性を判断する場でもない。 アホですね。安全とは、絶対に事故を起こさないという話では無い。 例えば自動車は安全基準を満たしていても事故は起きる。 安全という言葉を東京新聞は語る資格が無い。  たとえ再処理工場が完成しても、燃料の使い道がなければリサイクルは成り立たない。通常の原発で使える量はご…

続きを読むread more

高温ガス炉とオンライン診療の社説。産経いいの書いているね。

産経新聞の2本の社説をピックアップ。 「高温ガス炉合格 中国に先手を取られるな」 「オンライン診療 積極利用で院内感染防げ」 知らなかったが高温工学試験研究炉(HTTR)というのがあるそうだ。軽水炉と比べ安全性が高く、小型化も出来るそうだ。 今原子炉止めても、負債しか残らないので、どんどん進めるべきだ。 原子力技術者がいなくなると、廃炉・その後の管理も出来なくなる。今後の技術開発で放射性廃棄物減容化させるためにも原子力技術は維持・発展させるべきだ。 オンライン診療に関して「日本医師会さん、オンライン診療の何が問題なの?」に書きました。 しょうもない理由で初診を認めていな…

続きを読むread more

毎日新聞さんよ、危機感が足りないってどの口がいうのか

毎日新聞の「休業要請の混乱 政府の危機感が足りない」をピックアップ。  本来なら、宣言を発令する前に調整を済ませておくべきだった。意思疎通が欠けていたと言うしかない。この混乱のために、発令から3日間がいたずらに過ぎ、その間にも感染者が増えた。 調整が着くまで3日待っていたら、確実にもっと増えるでしょう。 そもそも潜伏期間は約5日らしいので、その3日間に増える・減るは関係ない。 外出自粛要請だけで感染が収束に向かうことを期待しているのなら、政府は危機感が足りない。各都府県との意思疎通を図り、早急に新たな対応策を講じなければならない。危機対応って、危機が発生してからするものでは無い…

続きを読むread more

福島第二原発の処理水風評被害に対する損害請求は朝日新聞へ

朝日新聞の「福島の処理水 地元との対話を尽くせ」をピックアップ。 水揚げがなお震災前の約14%にとどまるだけに、拒否の姿勢を貫くのも当然だろう。しれっと、都合の良い数字を使う朝日新聞。許されない。 震災前年の平成22年と平成29年を比べると73%で、14%ではない。 沿岸漁業だけの数字だけを拾っていてるのだ。 それで、福島県の水産業への被害を過剰表現している。 確かに、沿岸で出来ないところもあるだろうが、いつまでも出来ないことを嘆いていても仕方がない。 「風評被害ではなく故意の加害行為による損失だ」として、放出が終了するまでの補償を求めた。風評被害は東電・政府が起こす…

続きを読むread more

福島第二原発関連の風評被害は東電・政府が作っているのではない

福島民友新聞の「トリチウム処理水/意見踏まえ責任ある判断を」をピックアップ。  正しい知識が浸透しなければ、風評被害の拡大が懸念される。国は、トリチウムに関する科学的な知識や人体への影響に関する知見などを丁寧に説明し、国内外の理解を求めていくことが重要だ。メディアが悪いんだけどね。 福島民友新聞さん、あなたはどうなの?と福島民友新聞のサイトを見るとビックリ。 【風評の深層・トリチウムとは】という連載を書いています。 「トリチウムでつくDNAの傷一つ治せなかったら、人類は地球上にいない」その通り。良い連載です。おすすめです。 こういう、まっとうな記事を書くところばかりだったら、結…

続きを読むread more

もっと見る