ラベル:尊厳死

病気でつらかったら、安らかに死なせてあげようよ

毎日新聞の「非終末期の透析中止 指針策定のリスク大きい」をピックアップします。 日本透析医学会が、人工透析治療の中止に関する新たな指針案を公表した。終末期ではない患者に対しても、条件付きで治療中止を容認することが盛り込まれている。これの何がリスクかがわからない。 医療費も下がるし、尊厳ある死を迎えることもできる。 本人・家族の同意をとれば良いだけでは? 透析を受けながら仕事をし、生活を送る人は多い。治療をやめたいと思う原因を見極め、取り除くことが必要だ。 これは何を言いたいのだろう? 仕事しながら透析している人が、単純に透析止めるってそれは死ぬことを指すけど。 一応、「教…

続きを読むread more

もっと見る