ラベル:日本農業新聞

森林のCO2吸収機能を高める?森林はプラスマイナス0ですが。

日本農業新聞の「みどりの日 森林再生で国際貢献を」をピックアップ。  国内の林業振興にも本腰を入れるべきだ。日本が国産材の利用を高めて木材自給率(36・6%)を引き上げることは、世界的な森林の減少・劣化防止の一助になるはずだ。輸入に過度に依存する政策は変える必要がある。これは、ごもっともな意見だと思います。 「森林組合法改正案」は、それに繋がる施策だとは思う。 このまま山が荒れては、二酸化炭素(CO2)の吸収機能を高めることはできない。何を仰るお兄さん。造礁サンゴと違い、森林は分解されてCO2として排出されるので、プラスマイナス0ですよ。 造礁サンゴは、炭酸カルシウム(石灰石…

続きを読むread more

森林組合が所在不明者に変わり管理可能にするのは良いが、治水には繋がらない

日本農業新聞の「森林組合法改正案 役割発揮へ体質強化を」をピックアップ。 森林組合改革で次のことが期待されるとしている。 ・地球温暖化防止 ・国土保全 ・水の涵養 ・山村に富をもたらす ・森林保全 使える資源を有効活用するのは良いと思うが、今の日本の人工林が「水の涵養」効果的に働いているか疑問だ。 「世界の森林管理と水資源の保全」を見ると、次の条件を満たしいる必要がある。 ・木の密度が低い ・中が明るく、下草がはえる ・土壌表面を保護し、水が浸透する このようなのを健全な人工林と言うらしいが、こんなの見たことが無い。 こういう人工林を作るには次が必要と書…

続きを読むread more

付加価値の低い農産品は日本で作るべきではない

日本農業新聞の「麦・大豆の大増産 産地ぐるみ強力支援を」をピックアップ。 麦・大豆だの飼料用米を増産するようなことが書いているが全くナンセンス。 飼料用米は今後も増産を目指し、野菜・果樹など高収益作物による転作も視野に入れる。はなから高収益作物を推進しなさいよ。 狭い国土で麦・大豆なんか作っても太刀打ちできない。 労働負荷が高い/ブランド化している/日持ちがしない/海外では作らないモノなどを作るべき。 スーパーで○国産のパプリカをよく見かけるが、げんなりするね。 一人当たりのGDPでそれほど変わらない国から輸入しないといけないのだ。 低付加価値のモノを作らず、パプリカと…

続きを読むread more

中国からの豚・鶏(ハムなどの半加工品も含む)の持ち込みは禁止とは知らなかった

日本農業新聞の「豚肉持ち込み調査 対策強化 必要性明らか」をピックアップ。 アフリカ豚熱の中国からの移入を防ぐために検疫を強化すべきという社説です。 アフリカ豚熱というのを知らなかったのでWikipediaで調べた。 ・1912年ケニアで発見。アフリカに ・ダニから豚・猪に感染し、致死率はほぼ100%で治療法なし ・ハムなどの加工食品でも300日間以上にわたり活性を保つ 動物検疫所のサイトを見ると豚を輸入可能な国が載っている。 ヨーロッパ・北米と中南米/オセアニアの一部しか輸入できないのですね。 だから、中国旅行客の持ち込みが問題になると。 でも、中国から餃…

続きを読むread more

新型コロナウイルスで酪農関係が大変らしい。これを機会にバター・チーズ等加工に転換したら?

日本農業新聞の「学乳休止の深刻度 生乳需給の混乱を防げ」をピックアップ。 新型コロナウイルス対策で学校が休みになっていて、それに伴う影響が出ている・出ようとしていると言う話。 生乳・バターの需要は高いが、脱脂粉乳・ヨーグルトは在庫が積み上がっているそうだ。 細かいことはわからないが、ここをみると、牛乳1Lから100gのチーズが出来るそうだ。 チーズなら保存が効くし、輸送に必要なエネルギーコストが減らせる。 ここを見ると、副産物の乳清を使ってバイオマス発電して、燃えカスは肥料にするというのがあるそうだ。 牛乳を処理しきれず捨てるというニュースをたまに見る。 バター・チーズ…

続きを読むread more

新型コロナウィルスで花屋・農家は大変でしょうね

日本農業新聞の「積極的な花の購入 家族と産地を支えよう」をピックアップ。 卒業式シーズンに新型コロナウィルスで泣きっ面に蜂の花を作る農家。 ぜひ買って下さいっていう社説ですが、農業新聞を読む人がどれだけいることやら。 景気にモロ影響する業態だろうって調べました。 内閣府の「景気動向指数」と東京都中央卸売市場の「総括表(花き)」からグラフを作りました。 景気動向指数(CI)は、2015年を100としているので、東京市場も同じように2015年各月の出荷額を100とした時の1年の移動平均としています。 意外に、景気指数との相関は見られないですね。 統計値を見て、月…

続きを読むread more

もっと見る