ラベル:琉球新報

沖縄県議選で投票率下がったが与党議席が減ったね。おかしいな~。

琉球新報の「県議選の投票率最低 民主主義の土台を脅かす」をピックアップ。 7日投開票された県議選の投票率は、前回の53・31%を6・35ポイント下回る46・96%となり、過去最低を記録した。とのこと。投票率が下がると日本共産党を含めコア支持者がいるところが強いはずなのに、議席1つ減りましたね。 おかしいですね。 朝日新聞も「沖縄県議選 一貫した民意に応えよ」で選挙のことを書いています。 少数の意見を大事にしろと良く左巻きの人達は言いますが、過半数取ったから民意だ!ってしているのに対して、指摘されたらどう反論するのだろうか? 新聞社説要約朝日新聞GoTo事業 抜本…

続きを読むread more

尖閣諸島で中国が漁船追い回した件で何も言わない沖縄の2紙

5月に入ってから中国の船が尖閣諸島周辺の日本の漁船を追い回すという行為をしています。 それに対して尖閣諸島が属する沖縄県の沖縄タイムス・琉球新報は今年に入って1回も社説で何も触れていません。 そして、日本共産党の機関誌たるしんぶん赤旗もしかり。 5月になってから尖閣諸島に触れた新聞と回数は以下の通りです。 2回:産経新聞、山陽新聞、世界日報、日本経済新聞 1回:朝日新聞、北海道新聞、西日本新聞 日本経済新聞 中国はコロナ下の挑発やめよ 日本と領有権を巡り対立する尖閣諸島周辺でも挑発行為を続ける。8日には中国公船が魚釣島沖に侵入し、日本漁船を追尾した。日本は米国やASE…

続きを読むread more

沖縄の自己決定権の確立が急務という琉球新報。その先にあるものは。

琉球新報の『4・28「屈辱の日」 自己決定権の確立急務だ』をピックアップ。 沖縄の地位は植民地よりひどかった。3条は、国連に信託統治を提案し承認されるまで、米国は奄美以南の南西諸島で全権を行使できるとした。えらい緩い植民地しかこと世の中に存在しなかったようですね。 平時は事件事故などで人権が侵害されている沖縄の今を方向付けた4・28を忘れてはならない。だとしたら、日本人同士が起こした交通事故とかも同じように人権侵害だと訴えなさいな。何が違うのさ。 この状態を脱するには自己決定権の確立が急務だ。自己決定権の確立って独立するってことですよね。 独立後、良くてウイグル強制収容所送り、悪…

続きを読むread more

辺野古移転で無駄遣いの最大原因が自分達である自覚のない琉球新報

琉球新報の「辺野古軟弱地盤工事 基地建設ありきを改めよ」をピックアップ。 ピックアップしておきながら、読む価値のない社説です。 緊急事態宣言ばかりだったので、仕方なくこれになりました。 邪魔をする=時間がかかる=金がかかる という簡単なソロバンがわからないようだ。それによって、普天間の問題も結局進まない。 新聞社説要約朝日新聞首相が緊急事態宣言 危機乗り越える重責自覚を朝日新聞の社説は、市民の自由や権利を制限し、社会全体に閉塞(へいそく)感をもたらす緊急事態宣言には、慎重な判断が必要だと主張してきた。宣言は1カ月で終わるのか。しかし、個人が誤りなき判断をする…

続きを読むread more

沖縄の米軍ヘリ輸送物落下。自分なら人が居ようと構わず落とすって、職業意識低すぎでしょ。

琉球新報の「米軍ヘリ構造物落下 つり下げ輸送恒久中止を」ピックアップします。 沖縄の海兵隊のヘリが吊り下げているものが不安定となったので、切り離して海に落としたという話。 米軍は「投下前に周辺に船舶や民間人がいないことを確かめた」と主張するが、額面通りには受け取れない。  機体の安定が保てなくなるような緊急事態に陥ったとき、地上や海上の状況を確認する余裕があるとは思えないからだ。まずは乗員の安全を優先して対処するだろう。自分達だったらそうするってことですね。 琉球新報の社員は職業意識がまるでないということがわかりました。 そりゃ軍人さんに失礼ですわ。 沖縄タイムスもこ…

続きを読むread more

世論調査するのは良いが、数字だけではなく設問も併記が必要【社説一覧】

まだ、首相やじ関連の社説があっているて、桜を見る会に関する世論調査結果を琉球新報が載せていた。 共同通信の1月の世論調査でも「桜を見る会」の疑惑に関して、安倍首相は「十分説明していると思わない」とする回答は86・4%に上った。野党が追及するのは当然だ。琉球新報に限った話ではないが、どんな設問であったかが載せていないのだ。 「首相は、桜を見る会に関して、十分説明しているか?」 と 「野党が国会で他の議題に優先して桜を見る会の追及をしています。首相は十分説明しているか?」 で、結果はまるっきり答えが異なるだろう。 共同通信のサイトを見ても載っていないのはどういうことなのだろう…

続きを読むread more

もっと見る