ラベル:福島民友新聞

コメの風評被害を語るが、ソース・データを書かない新聞

福島民友新聞の「コメの抽出検査/安全と風評対策の両立図れ」をピックアップ。  検査の変更に対応して、風評対策も一層の充実が求められる。農林水産省の調査によると、県産米の価格は持ち直しつつあるが、事故前の水準には戻っていない。  農水省は、県産米の価格が回復しないのは、流通業者側が「取引先は本県産を希望していない」と推測して取り扱いを控えているのが原因の一つと分析している。小売業や外食業などが、本県産米を使ってもよいと考えているのに、流通業者に意向を伝えていないことも影響しているとみている。農水省は~とか書いているが、農水省がデータをもとに公式見解として言ったのか、そこらの職員が世…

続きを読むread more

福島第二原発関連の風評被害は東電・政府が作っているのではない

福島民友新聞の「トリチウム処理水/意見踏まえ責任ある判断を」をピックアップ。  正しい知識が浸透しなければ、風評被害の拡大が懸念される。国は、トリチウムに関する科学的な知識や人体への影響に関する知見などを丁寧に説明し、国内外の理解を求めていくことが重要だ。メディアが悪いんだけどね。 福島民友新聞さん、あなたはどうなの?と福島民友新聞のサイトを見るとビックリ。 【風評の深層・トリチウムとは】という連載を書いています。 「トリチウムでつくDNAの傷一つ治せなかったら、人類は地球上にいない」その通り。良い連載です。おすすめです。 こういう、まっとうな記事を書くところばかりだったら、結…

続きを読むread more

もっと見る