ラベル:福島第一原発

福島第一原発処理水パブリックコメント提出しました(5/15まで)

「多核種除去設備等処理水の取扱いに関する書面での意見募集について」のパブリックコメントを2020/05/15まで、電子政府の総合窓口受け付けています。 多核種除去設備等処理水については、タグ「福島第一原発」を参照ください。 以下の文面でパブリックコメントに提出しました。 海洋放出賛成です。というよりかは、早くやるべきです。 保管に関わるコストは全て電気料金にハネル話で、長期保管すればリスクが減るわけでもありません。 保管することで、処理しきれていないものを誤って流出させてしまうなど、 本来負うべく必要のないリスクが高まります。 ただし、環境基準を超えないことのモニタリン…

続きを読むread more

福島第一原発の処理水で風評被害を発生させようとする北海道新聞

北海道新聞の「福島汚染水 拙速な議論は戒めたい」をピックアップ。 余りにも事実と異なることを報道しているのに目に余り、北海道新聞に以下の意見を出しました。 社説「福島汚染水 拙速な議論は戒めたい」について ①地下水が原子炉に到達しているのか? 「2011年に過酷事故を起こした福島第1原発では、原子炉に注がれる冷却水に地下水が混ざり、高濃度の放射性物質を含んだ汚染水が増え続けている。」 とあり、原子炉注がれる冷却水に地下水が混ざり投入されているように読めるが、これは事実か? 事実であるのならば、その出典を教えて頂きたい。 ②タイトルに「福島汚染水 拙速な議論は戒めたい…

続きを読むread more

福島県内の中間貯蔵除去土壌等の減容・再生利用についてのパブリックコメント

放射線量の低い中間貯蔵除去土壌を再利用して最終処理する量減らしますっていうのに対するパブリックコメントへのコメントです。 元資料は以下参照(しかし役所が出すタイトルってなぜこんなに長ったらしいのか)。 「平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令(案)」及び「環境大臣が定める者の告示(案)」に対する意見募集(パブリックコメント)について 減容化・再生利用について パブリックコメントのところにある資料では減容化・再生利用の話が詳しく書いていない。 …

続きを読むread more

「科学を振りかざすな」毎日新聞バージョン【社説要約】

毎日新聞の「福島原発の処理水処分 地元との対話が不可欠だ」を読んで笑ってしまったので紹介します。  だが、この問題の受け止め方は一様でない。理屈ばかりを振りかざして処分を急げば、新たな風評被害を生むだけだ。 どこかで見たことがありますよね。 新宿会計士さんの「朝日「科学振りかざすな」 SNSで敗北する人たち」でも紹介されていましたが、朝日新聞の「科学振りかざすだけではなく…増え続けるタンクを考える」と同じ文脈です。 それを思い出して笑ってしまった次第です。 処分に当たっては、失敗を繰り返さない注意が必要だ。国内の消費者はもちろん、外国に不正確な情報が伝わらないような働きかけも…

続きを読むread more

福島第一原発の処理水、さっさと海洋放出しようよ【社説要約】

処理水(朝日新聞)とマスクの話(ハンギョレ新聞)をピックアップします。 トリチウム水 福島の声を聴かねば(朝日新聞) 環境中に放出すれば、風評被害が生じる恐れがある。拙速な判断は厳に慎まねばならない。時間をかけたら、今まで思いつかなかった案が出てくるというのか? 議論の俎上にあるのは、海洋放出・蒸発とかの数個でしょ。 それのどれをしましょうっていうだけの話で、2016年から散々やって、公聴会もやっているのです。 詳細はこちらを⇒「福島原発処理水に関する公聴会の意見への反論」 いまさら何をするの?  地元との対話に、政府が海洋放出ありきの姿勢で臨めば反発を呼ぶだろう。自治…

続きを読むread more

伊方原発差し止めの件、きれいに意見が割れました【社説要約】

読売・産経はおかしいだろう!で、朝日・毎日・信濃毎日・京都・北海道・高知・佐賀・徳島は妥当な判決だとしています。 国が作った安全基準を満たしているから、原子力規制委員会がOKをだしたのですよね? だったら差し止める理由が無いと思うのですがね。 安全基準が憲法違反とかであるのなら、それを争うのは差し止めの裁判ではないだろう。 自分が裁判官だったら、瞬時に棄却ですね。 差し止め、おかしいだろう派 読売が以下のように書いていました。  迅速な審理が要求される仮処分の手続きでは、通常の訴訟よりも限定的な証拠で判断される。こうした特徴を踏まえ、原発の再稼働を阻止するために仮処分を…

続きを読むread more

もっと見る