ラベル:種苗法

「わかりやすい種苗法改定Q&A」ではなく「間違った種苗法改定Q&A」

鈴木宣弘東京大学教授の記事へのツッコミです。 『わかりやすい種苗法改定Q&A【鈴木宣弘・食料・農業問題 本質と裏側】』 Q 種苗法改正案は、種子のいわば著作権を守るためのものだといいますが、どんなものなのでしょうか? A:種苗法は、植物の新品種を開発した人が、それを利用する権利を独占できると定める法律。ただし、農家が利用するのはOK、自由に自家採種してよいと認めてきた(21条2項)。登録品種でも許可が必要なものが改正前から存在しています。 順次増やす対応をしていました。 そのため、教授の回答は適切な表現ではありません。 確かに、平昌五輪でイチゴの種苗が無断で流出してい…

続きを読むread more

種苗法改正で誤り・ミスリードさせる発言をする東大鈴木宣弘教授

毎日新聞の『ニュース解説 まいもく 第132回「種苗法改正案 何が問題? 東大・鈴木教授に聞く」』について、誤りなどを指摘します。 このインタビューは、YouTubeでも見られます。 また、原稿がJAのサイトにUPされています(動画の内容とは完全には一致しません)。 コメの登録品種の種子は海外企業に支配されるのか?米(コメ)では栽培の実績のある品種に限ると登録品種の割合が64%もあるんですよ。 それで地域別に見ても青森県では登録品種が99%を占めていて 登録品種は数ないから大丈夫だと言ってもこの地域では登録品種ばかりですよっていうことが起こる事実確認をまずします。 作付け品種…

続きを読むread more

種苗法改正で直前の文と矛盾したことを書ける有能紙「しんぶん赤旗」

しんぶん赤旗の「種苗法改定案 農・食のあり方変質させる危険」をピックアップ 矛盾しまくりでヒドイです。  改定案は、この条項を削除し、自家増殖を一律禁止にするというものです。禁止対象になる「登録品種」を農家が栽培する場合、種や苗を全て購入するか、一定の許諾料を払って自家増殖するかを強いられることになります。負担増になることは避けられません。自家増殖一切禁止と言っておいて、その後に許諾料を払って自家増殖って、、、 すぐ前の文に矛盾文章を書けるのは素晴らしい才能ですね。離れた箇所ならわからないでもないが。 自家増殖の禁止は、農業者を種苗の単なる利用者、消費者としか見ず、こうし…

続きを読むread more

川田龍平議員の種苗法改正に関する間違い

川田龍平議員の種苗法改正に関する間違いを指摘したいと思います。 「食の安全安心を創る議員連盟 種苗法改正案に反対の記者会見声明文です」 改正で納会の自家増殖は禁止になるのか? 農家の自家増殖を禁止するという改悪が行われようとしている。禁止はされません。 育成者権が切れていない登録品種でかつ自家採取の許可が下りないものが禁止です。 改正前でも、登録品種で自家増殖の許可が必要なものはあります。随時その対象は拡大されています。 UPOV91年条約で農家の自家増殖は無条件に認められるのか UPOV91年条約(植物の新品種の保護に関する国際条約)も第15条において、自己の経営…

続きを読むread more

種苗法改正 ≠ 農家は種(たね)の購入が必須となる

鈴木宣弘・東京大学教授の記事へのツッコミ第5弾です。 「種苗法改正案」農家に打撃懸念 地域農業守る「在来種保全法案」を 「種苗法改正について、大いなる誤りを書く東京新聞(中日新聞)」もひどかったが、この記事もダメです。 何がダメか? ■常に種を買わないといけなくなる  鈴木氏は「種苗法が改正されると、農家は常に種を買わないといけなくなる。種のコストが高まる。『種を持つものが世界を制す』とはいう。常に買わないといけない種は、育成者権が切れていない登録品種でかつ自家採取の許可が下りないものに限るので、この記述は誤り。 南米やインドでは在来種を守ろうという抵抗が農家や市民か…

続きを読むread more

在来種を品種登録できるという東京大学教授

鈴木宣弘・東京大学教授の記事へのツッコミ第4弾です。 種苗法改定をめぐる3つのポイント ポイントの1つ目、3つ目は調べていないので何とも言えないが、 2つ目の「◆論点2 対象となる登録品種は少数だから影響はないか」は、目を疑う内容です。 ※2020/05/21 19時追記 記事修正されました。訂正内容が書かれいないのので、元を以下に転記しておきます。自家採種の原則禁止の対象となるのは少数の登録品種のみで、在来種や一般品種が種の太宗を占めており、その自家採種は続けられると説明されている。しかし、このことは、現在登録されていない種を、企業が登録品種にして儲ける誘因が働くことを意味…

続きを読むread more

もっと見る