ラベル:東京新聞

生産力過剰ならリストラは当然で、海外拠点ならなおさら

東京新聞の「日産株主総会 安易なリストラ戒めて 」をピックアップ。  ただ、すでに検討されている大規模な人員削減案については苦言を呈したい。一九八〇年代初頭から苦楽を共にしたスペイン・バルセロナの工場閉鎖計画も乱暴ではないか。地元の労働者や家族が怒るのも無理はない。  車は人がつくる。人材の喪失につながるリストラには最大限の慎重を期すよう求めたい。このように最後をまとめています。 JETROの「日産、バルセロナ工場の閉鎖方針を正式発表」には以下のように書いています。日産によると、同工場の稼働率は新型コロナウイルスの感染拡大前から25%を下回っていた。5月4日に生産再開が予定さ…

続きを読むread more

己の主張と反する結果に「これが民主主義なのか」とかみつく東京新聞

東京新聞の「住民投票案否決 これが民主主義なのか」をピックアップ。 日本原子力発電東海第二原発再稼働の賛否を問う県民投票条例案が、茨城県議会で否決されたことに対して、東京新聞が怒っています。 県民の不安に目をつむり、耳をふさいだ県議会。これが民主主義なのか。不安なんて測定できない尺度を持ち出して文句を言うのはアホですね。 茨城県の有権者は170万人弱で、署名した人は9万人で、1/10にも満たないものを民意と言いますか? 国民投票にかけてEU離脱となってしまったイギリスを見ればわかるように、民衆の知識レベルは議員に劣ります。 何でもかんでも住民投票をすれば良いと言うものではな…

続きを読むread more

危険運転致死傷で、珍しくまともな発言をする東京新聞

東京新聞の「危険運転致死傷 時速146キロで不適用か」をピックアップ。 時速146km(制限時速60km)で4人を死亡させた事故に関する裁判で、危険運転致死傷罪が適用されませんでした。 それに対して、おかしいと言っています。 「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」から、引用します。(危険運転致死傷) 第二条 次に掲げる行為を行い、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。 一 アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる行為 二 その進行を制御することが困難な高速度で自…

続きを読むread more

東京新聞社説「焦点は党の巨額資金だ」。どこに党資金のことある?

東京新聞の「河井夫妻逮捕 焦点は党の巨額資金だ」をピックアップ。 「焦点は党の巨額資金だ」と書いてあったので期待して読みました。 自民党本部からの巨額資金との関連も徹底解明が必要だ。しか書いていない。 おい、東京新聞さんよ大丈夫? タイトルと内容が全くリンクしていないし、そのようなこと事実があったと推測できる根拠をまるで書いていない。 Twitterのようにタイトルしか見ない人をだます目的の社説としか受け取れませんが。 新聞社説要約朝日新聞北朝鮮の暴挙 孤立無援にもどるのか友好を象徴するビル群を無残に爆破し、それを相手の責任だと言い立てる。そんな振るまいは、自らの…

続きを読むread more

横田滋さんが亡くなったが、どうすれば奪還できると新聞社は言うか?

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父、横田滋さんが6月5日に亡くなった。 それに関して社説を各紙出しているが、どのようにしたら横田めぐみ達を奪還できるとしているかをまとめます。 新潟日報横田滋さん死去 会えぬ無念いかばかりか私たちも心を一つにし、被害者の一刻も早い帰国に向けて後押ししていきたい。精神論のみ。お話になりません。 北海道新聞横田滋さん死去 拉致被害者救出を急げ救出を願い続けた滋さんの遺志をつなぎ、一日も早く、すべての被害者の帰国を実現させなければならない。これもまた話にならない。 朝日新聞横田滋さん死去 悲劇を繰り返させまい 一方で安倍政権の側も、腰が定まって…

続きを読むread more

香港の優遇措置廃止について、全く理解不能なことを言う東京新聞

東京新聞の「米中対立深刻化 自由な香港死なせるな 」をピックアップ。 一国二制度に関する話は「香港に対する中国の物言い、話にならない」で紹介しています。 優遇策は香港の「高度な自治」が前提であるから、今や廃止やむなしとの理屈は理解できる。優遇措置廃止は理解できると。ふむふむ。 だが、制裁を科しても、香港問題を「核心的利益」とする中国が同法を撤回する可能性は低い。そうかもしれないね。 香港を大陸と同一視しての制裁発動は、中国が強行しようとする「一国一制度」を逆に助けることにもなりかねない。 はい?この論理がわからないが、無理やり理解しようとすると、制裁は香港に対してではなく、中…

続きを読むread more

持続化給付事業に関する東京新聞の主張の根拠がまるで不明

東京新聞の「給付金委託費 説明責任は国にある」をピックアップ。  持続化給付金は多くの中小企業や店舗、個人事業主にとって頼みの綱だ。だが一律現金給付同様、給付が届いていないという声が噴出している。給付が間に合わず倒産したり仕事を失ったりするケースは各地で起きているはずだ。 そんなの調べればすぐわかるでしょうに。 協議会を通じて民間に委託した今回の仕組み自体、迅速性を著しく欠いていることはもはや明白だ。何がどう問題で迅速性を欠いたを全く語っていないにもかからず、明白だと言っている。 給付業務に不透明さがあったのでは国への信頼は一層揺らぎかねない。社説を読んだが、どこが不透明な…

続きを読むread more

核燃料サイクルについて全くの誤りを書く東京新聞

東京新聞の「核燃再処理工場 もはや合理性がない」をピックアップ。 種苗法改正についても、間違いだらけだったが、この社説もひどい。 妄想だけで書いているのだろうか。 ただし規制委は、津波や地震などへの備えが、国の基準に沿うかどうかをみるが、安全のお墨付きではない。核燃料サイクルの合理性を判断する場でもない。 アホですね。安全とは、絶対に事故を起こさないという話では無い。 例えば自動車は安全基準を満たしていても事故は起きる。 安全という言葉を東京新聞は語る資格が無い。  たとえ再処理工場が完成しても、燃料の使い道がなければリサイクルは成り立たない。通常の原発で使える量はご…

続きを読むread more

依存症を理由にIR反対するがパチンコ反対しない東京新聞

東京新聞の「米企業IR撤退 計画断念しか道はない」をピックアップ。  日本では競馬や競輪など公営ギャンブルを除く賭博行為は法律で禁止されている。暴力団など反社会的勢力との関係が深く、ギャンブル依存症を引き起こしかねないからだ。  IRを巡っては元自民党の秋元司衆院議員が昨年十二月収賄容疑で逮捕された。IRが不正利権の温床となる恐れがあることも指摘しておきたい。例のごとく、IRはギャンブル依存症・反社会的勢力で反対するが、もっとひどいパチンコに対して反対しません。 ジャーナリズムが聞いてあきれますわ。 新聞社説要約朝日新聞熱中症対策 感染症とあわせ備える今年は新型コロナ…

続きを読むread more

憲法に関するおかしな主張(東京新聞)

憲法に関して最近よく話題に上がるので、各紙のおかしな主張を社説から拾ってみました。 第2回は東京新聞です。なお、憲法全文はこちら参照。 先にまとめを書きますが、はっきり言って東京新聞は酷い。 朝日新聞は、主張はおかしいが、元としている事実は間違えはあまりない。 しかし、東京新聞は「種苗法改正について、大いなる誤りを書く東京新聞(中日新聞)」もそうですが、確認すればすぐわかることをしないで、自分の思い(想像)だけで社説を書くようです。 本当に日本国憲法読んだことがあるか、甚だ疑問になる記述ばかりです。 検察と政治 独立性を担保せねば憲法には「検察官は、最高裁判所の定…

続きを読むread more

「現金10万円給付マイナンバーは余計だ」郵送すれば良しで終わり

東京新聞の『現金10万円給付 マイナンバーは余計だ』をピックアップ。  新型コロナウイルス対策の現金給付をめぐり混乱が起きている。オンライン申請にマイナンバーカードを利用したのが原因で、対策が「三密」をつくる本末転倒ぶりだ。政府には猛省を促したい。マイナンバー使えないなら、郵送でやれば良し、で終わりです。 東京新聞よ猛省しなさいな。 オンライン申請については、健康保険証や自動車免許証などを活用した方法を検討すべきだ。とか言っていますが、そんな番号いくらでも入手できるでしょう。アホですか。 新聞社説要約朝日新聞コロナと日韓 危機をバネに協調を韓国でも規制の緩和後に再…

続きを読むread more

国防が何のために存在するか知らない東京新聞

東京新聞の「地上イージス 導入の是非から見直せ」をピックアップ。  弾道ミサイルを迎撃ミサイルで撃ち落とすミサイル防衛システムを、従来の艦艇ではなく、地上に配備するのが「イージス・アショア」だ。政府は秋田、山口両県の陸上自衛隊演習場二カ所に配備する現行計画のうち秋田市の新屋演習場への配備を断念した。防衛大臣は以下のように言っていますけどね。 今回のフェイクニュースの先陣を切ったのは読売新聞。 https://t.co/iagg4Xp2hx— 河野太郎 (@konotarogomame) May 7, 2020  新屋演習場への配備には住民や自治体が市街地に近いなどと…

続きを読むread more